カテゴリ【行動編】を表示

日頃から予定をしっかりと管理ができていれば重複して約束をしてしまうことは、ないかもしれませんが、
万が一、約束が重複してしまった場合には、どのような断りを入れていけばいいでしょうか。

まずは重要度で

恋人と友人の約束を手違いで重複させてしまった場合、まずは緊急性の高い方から優先させるようにしましょう。
そのときにも、断りを入れる側には、しっかりとした説明が必要です。
この説明が欠けてしまうと関係を悪くしてしまう可能性もあります。
「今日じゃないといけない、話がある。」
「今日、遠くから来ている。」
などです。それでも気分を悪くさせてしまうことはありますから、予定を重複させないよう日頃から管理はしっかりと行うようにしましょう。
誰でも自分を後回しにされてしまったり、ぎりぎりでスケジュールが狂ってしまうのは嫌がるものですから。

恋に奥手な人であっても好きな人の視線が届く範囲にいくことならできるかもしれません。
できる限り、その人の視界に入る行動をしていれば、それだけで相手は好意をもつ可能性があります。
例えば同じ電車で毎日顔をあわす、その人と同じサークルに入るなどがあります。
これを、心理学用語で単純接触の原理と呼び単純接触の回数が増せば、その人への好意が高まる可能性があります。
人は、見覚えのある顔に無意識に好意を持つことになります。

恋人を知らず知らずのうちに怒らせてしまったり、約束を守れずに怒らせてしまった場合、どうすればいいでしょうか。
ここでは、相手との約束を守れずに怒らせてしまったとします。
急いで電話をして謝る、メールを送って謝る、という方法も間違いではありません。
ですが、それでも相手の怒りが収まらなかったら、どうすればいいでしょうか。

会いに行く

電話やメールはすぐに謝ることができる分、顔が見えないこともあり、
相手の怒りが大きい場合、顔が見えないと相手の存在を強く感じることが出来ないので、
出来る限り相手に会いに行き、実際に会ってください。

 

このページの先頭へ