カテゴリ【会話編】を表示

上手くいかない相手との会話の修正すべき4つのポイント

興味のある異性とは、誰でも上手くいきたいと思うのが普通のことだと思います。
ただ、友人からアドバイスをもらったり、ドラマの名台詞であったり、本から学んだことを実践してみても上手くいかないこともあるかもしれません。
当サイトでも、今までに何個か手助けになるような心理を紹介してきました。
ここでは、男女共通のコミュニケーションについての紹介をしていきたいと思います。
見たことのある項目については、復習するという気持ちで見返してみてください。

テンションに気をつける

どんなステキな言葉でも、不機嫌そうな言い方をされたら、
嬉しさも半減…最悪の場合は逆効果にもなりかねません。
喜んで欲しいのであれば、不機嫌な表情で言っていないか見つめ直してみましょう。
逆に言えば嫌味を、ご機嫌なテンションで伝えたら、嫌味に聞こえないこともあるはずです。
言葉も大事ではありますが、言い方やテンションにも気を配ってみましょう。

自信を持つ

自信を持っていないと、どんなステキな言葉も、
魅力が半減されてしまいます。
半減されてしまっては、せっかく勇気を出したのに伝わらないかもしれません。
恥ずかしいという気持ちを持つのは、悪いことではありませんが、
相手に気持ちを伝える場では、ある程度覚悟をして思いを伝えるようにしましょう。

ストレートに表現する

意中の人に思いを伝えたつもりでも、貴方の伝えたと思っている半分も伝わっていないかもしれません。
「貴方と一緒にいて、楽しかったです。」
ということを伝えたとしても、相手にはどう伝わったかわかりません。
少し楽しかったのかもしれませんし、とても楽しかったと思っているのかもしれません。
とらえ方は相手次第なので、思っているよりも気持ちが伝わっていない可能性があります。
ストレートな表現はとても大切です。
そのなかで恥ずかしいからといって、「少し」とか「ちょっと」などの表現も控える必要があります。
過剰な表現は必要ありませんが、自分のなかだけで「伝わっているだろう」という思い込みには気をつけましょう。

関連 : 感動を伝える

今の気持ちを伝える

これもストレートな表現と近いものがありますが、
あらかじめ用意されたセリフではなく、一緒にいるときの感動を伝えてみることは相手との距離を近づけることができます。
臭いセリフやキザなセリフばかりではなく、今一緒にいて起こったできごとに対する感動を共感しあうことができれば距離は確実に近くなっていくはずです。
深く考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、美味しいディナーを食べることができたときでもいいわけです。

関連 : 好意を持たれる第一歩

終わりに

いかがでしょうか。
思い当たるところがあれば、修正してみてくださいね。
上手くいかなくなったからといって、投げやりになったり、適当になってしまうと相手の人との幸せだけでなく自分の幸せも遠くなってしまうかもしれないので、ひとつひとつ修正していきましょう!

はじめに

異性に対して名前で呼べるまで、
どのくらい時間がかかりますか?
「恥ずかしくて無理」
「相手の出方を伺う」
というように、踏み出せない人もいれば、
「会ってから間もなく呼ぶことができる」
という人もいるかと思います。

好感度アップに繋がる

異性が苦手という方は最初から相手の名前を呼ぶことが苦手という方も多いかと思います。
ですが、好感度をあげるのであれば早めに相手の名前を呼ぶことを意識するべきです。
名前を覚えてもらうことによって不愉快になるという人はいないと思います。
名前を呼ばれることによって、個人として認識された気持ちになりますので、好感度アップに近づきます。
ただ、いきなり下の名前で呼ぶことに抵抗がある人もいるかと思いますので、
下の名前で呼ぶ場合には頻繁に呼びすぎたり、なれなれしくなりすぎないようにも注意しましょう。
最初は名字で呼んで、あとから下の名前というのに切り替えられない場合には、
「自分の名前を○○と呼んでください」
というようにしてから、呼びかけるのもいいですし、
「○○さんと呼んでもいいですか?」
というように許可を得るようにしていけば断られたり
不快にさせることも少なくなります。
「○○ちゃん」というような場合は親密度は高くなりますが、
最初から呼ぶと不愉快になる人もいるかと思いますので、注意が必要です。

おわりに

いかがてしたか?
できるだけ早く呼んだほうがいいのですが、
会ってから数分のうちに下の名前で呼ぶと遊び人だと思われるかもしれません。
初対面であれば1時間くらいは様子をみたほうがいいかもしれませんね!

心を開いてからの注意
恋人になんでも言いたいことが言える関係、お互いの意見を交換できるというのは素晴らしいことですね。
お互いが言いたいことを言えるようになるというのは、すぐにできるようになるものではありません。
心を開いていないと出来ないことです。
ただ、心を開いているからといって、なんでも言いたいことを伝えるというのもよくありません。
他も読む »


ときに、マイナスの会話から急速に仲を深めることもあります。
共通する話題を好意のある人とするときは全てが良い話ばかりではないかもしれません。
悪口であったり、マイナスの話から親しい関係に発展する場合も少なくないかもしれません。
ですが、最初上手くいっているように感じても次第に相手が離れていってしまうということもあるかもしれません。
場の盛り上がりもよかったのに、なぜそのような形になってしまうのでしょうか?
他も読む »

自分の好意のある人と「どうやってあのの人と会話をしよう」と考えることが多いかと思います。
ある程度、脈がありそうだとわかっていれば積極的に行動にも起こしやすいのですが、
相手も好意を持ってくれているのかわからなければ行動に移すのには勇気が必要ですよね。
そこで、なにを話すかの前に「どうしたら会話しやすくなるのか」というところに絞り込んでみて今回のエントリーが1つのヒントになればと思います。

視線から始める

人と人の出会いには会話から始まるのではなく、その前に目と目が合うところから始まります。
次に会釈などがあったりして、自己紹介が始まっていきます。
視線を合わせることは意識している人には特に難しいかもしれませんが、いきなり話しかけるよりはハードルが低くなります。
ここから、挨拶に繋がり話し始めたときも視線を合わせることを意識する必要があります。
相手の話を聞いて、視線を合わせようとすることは、相手も気持ちよく話をすることができます。
「もっと、話して欲しい」
という気持ちを出すことが大切です。
また、上手い具合の相づちも効果的です。
相づちについては相づちで好感度アップをご覧ください。

それとは逆にそろそろ話を辞めて欲しいときには、視線を外すことが有効です。
ただあまり見続けているのも不快感を与えてしまいますので、ほどほどに。

好意を持っている異性、付き合い始めて間もない時期、
そういった状況で相手の本音が知りたくても、なかなか聞くことが出来ないというケースも少なくないと思います。
相手の本音を知って、もっと深い関係になりたいと思うのは自然なことです。
そこでのポイントは意外にも単純なことです。

自分から話をする

まず大事なことは、知り合って間もなかったり、あまり相手のことを知らない人に対して、
自分だけの本音を話したいと思う人は少ないはずです。
最初のうちは、多くの人が自分を良く見せたいという願望を持っていますから、
悪い部分というのはあまり見えなかったかもしれません。
相手の本音を知りたいのであれば、自分のことを話してみる必要があります。
もちろん、それは自慢話とは違い、心の中にある本音の部分を話すことです。
そうすることによって相手も本音で話しやすくなります。
だからといって重い話ばかりをする必要もなく、ちょっとした失敗談から話し始めてみるのもいいかもしれません。

付き合い始めたりしたときや、あと少しという段階で、
相手が喜ぶ言葉がどのような言葉かわからないという時には、
どういった言葉を選んでいけばいいのでしょうか。
特に、こういった段階ではどういった言葉がいいのか難しく考えてしまいます。

自分が嬉しい言葉

それは、単純に自分自身が言われて嬉しい言葉を贈るのがいいのではないでしょうか。
冒頭にあげたような段階ですと人と人が惹かれあうのは親しくなるポイントにも書いていますが、「類似性」があります。
ある程度以上、惹かれあった「類似性」がある関係ですから、どこか思考が似ている部分があるはずです。
自分が言われて嬉しい言葉を贈ってみるというのがいいかもしれません。

人の中身は、簡単にわかるものではありません。
相手のことが短期間で相手のことがわかるはずもありません。
わかっているつもりになっていても、見えていない部分のほうが沢山あるはずです。
「あなたは、わかりやすい」や「あなたのことがわかった。」
というような言葉を相手に言うと気分を害してしまうかもしれません。
一見すると格好のいい言葉かもしれません。
ですが、人間関係を悪くしてしまう可能性もあります。

親切心が逆効果に

たとえ、前述した「あなたのことがわかった。」ということが正しかったとしても、
それを言われたほうは気分を害してしまうかもしれません。
誰もが希望を持っています。
「今の状況よりも、よくしたい。」「目指しているところは今の状況じゃない。」
こういった希望があるからこそ、努力が出来たりするものを、
逆に自尊心を傷つけてしまうかもしれません。
自分のなかでは、相手を理解しているという親切な気持ちも逆効果になりかねませんので注意が必要です。
それとは逆に「初めて会うタイプだよ。」という言葉のほうが幸せな気分にできるかもしれません。

好きな人や、気になる人がいる場合、面白い話の内容を考えたりしても、
もしかしたら相手からすると面白い内容ではないかもしれません。
ですが、笑うのが嫌という人はあまりいません。
そこで誰にでも持っている表情という武器で相手にアピールしていきましょう。
人は多くの情報を表情から得ていきます。
表情から人を判断するとても、大事な役割を持っています。
その表情のなかでも最も好印象を与えるのが「笑顔」です。

良好な関係は満面の笑みから

「いい笑顔」といっても、人の感性は敏感なもので「作り笑顔」では相手から見ていてもわかりやすいものです。
「いい笑顔」を作り出すには日頃から心から笑う努力が必要です。
恥ずかしいと思わず、おおげさくらいの感覚で満面の笑みを作るようにしましょう。
ただ表情を作るだけでなく心の中で「楽しい」「笑おう」と暗示をかけていくことによって、
本当に楽しくなっていくものです。
出来る限り日頃から満面の笑顔を心がけていきましょう。

どこか旅行や遊びに行ってきたとして、
好意を持っている人に話すときには、もしかしたら相手は聞きたくもない内容かもしれません。
なににでも感心を示してくれる人であればいいのですが、
「この話を聞いて何になるんだろう。」
と思われない会話を考えてみましょう。
できることなら、話す方、聞く方どちらも楽しくしたいですよね。

「一緒に」を付け加える

相手にとって、この話は楽しいと思ってもらうのがベストですが、
自分では楽しいと思っていることが相手も同じだとは限りません。
ここでは、1つのポイントを書いていきますので、参考にしてみてください。
例えば、家族で動物園に行ってきた話をしたとします。
とても、楽しかったのですが、前述したように話を聞いて相手も同じように感じてくれるとは限りません。
そこで、言葉の最後に一言加えてみましょう。
「○○動物園は本当に楽しかった。一緒に行っていれば、もっと楽しかったと思う。」
この一言だけで相手も会話に参加しやすいはずです。
1つの言葉が加わるだけで相手の関心も、きっと変わってくるはずです。
また、この言葉に続けて「一緒に今度行こう。」と加えてもいいかもしれません。

 

このページの先頭へ