カテゴリ【願望編】を表示

本気で別れたい人がいて、別れを切り出すのが難しいという場合には、
どういった形で別れの形を取るのがいいでしょうか。
会って言う、電話やメールで言う、などがありますが、
どういう形が、しっかりと別れることができるでしょうか。

状況による選択

直接会って別れを切り出すというのは、相手と実際に会って傷つけてしまう場面を目の当たりにしますから、
「やり直さない?」
という言葉に心が揺らいでしまうこともあります。
もちろん、それで幸せになれるのであれば、それにこしたことはありません。
ただ、他に好きな人が既にいたり、感情が既になくなってしまっているのにも関わらず付き合いだけを長引かせても結局は同じ結果に戻ってくる場合が多くあります。

どういう形での別れの切り出し方が理想でしょうか。
もしも時間をかけていいのであれば”少しずつ連絡を取らなくしていく”ということです。
少しずつ連絡を取らなくしていくことによって、相手にも少しずつ心の準備ができてきます。
心の準備ができた頃に電話・メールで伝えるというのがいいかもしれません。
すぐに別れを切り出したい場合にも、できる限り会っている時ではなく電話・メールで伝えるほうがいいかもしれません。
ただし、上記は相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先したい場合です。
相手の気持ちを優先したい場合には直接会って話すようにしましょう。

ただ、直接伝えるにしても電話・メールで伝えるにしても綺麗に別れるかどうかは、わかりません。
喧嘩別れになってしまったり、恨んだり、恨まれたりのないような行動をしていきましょう。

相手にとって特別な存在になりたいときには、どうすればいいのでしょうか。
単純に相手の外見を褒めたとしても、相手がいい男、美人だったら、
そこまで効果的な言葉とは言えないかもしれません。
いい男、美人は言われなれている可能性も高いですから、
その言葉が特別に相手に響くのは難しいかもしれません。

特別な行動を示す

相手に特別な相手になりたかったら、他の人にしないような特別な行動をしてみましょう。
そして、できれば一生涯とはいかないまでも継続して行えることをして1回だけで終わらないようにしましょう。
彼氏(彼女)にはするけど、以前の彼氏(彼女)にはしてこなかったこと、世界中でその相手にしかしていないことというのは、当然相手も嬉しいものです。
行動だけでなくても、相談事もそうかもしれません。
そして、「こんな相談をするのは貴方が初めて」と伝えることが重要です。
誰もが特別な存在になりたいと思うかもしれませんが、自分の欲望はあとにして、
自分がそうされたいのであれば、まずは自分から行動するようにしましょう。
そこからの行動が後の2人の幸せになるかもしれません。

 

このページの先頭へ