カテゴリ【嫉妬編】を表示

嫉妬という言葉は、とても恥ずかしい行為と思いがちです。
また、「嫉妬」という言葉自体にあまり良いイメージを持たない人も多いかもしれません。
相手にもマイナスの影響を与えますし、嫉妬した側としても苦しい状況です。
いっそのこと、嫉妬なんて感情なんてものがなければいいのに、と思ってしまいがちです。
しかし、嫉妬という感情がなくなれば恋愛において、二人の関係もうまくいくのでしょうか?

恋愛関係において、嫉妬はつきもの

好意と恋愛の違いの研究で、恋愛は排他性、独占性が強いとされています。
これらを犯そうとする人がいれば、強い嫉妬心をもつことになります。
しかし、愛と嫉妬は表裏一体で、嫉妬心の強いカップルのほうが結婚する確率が高くなります。
嫉妬は、相手にマイナスの影響を与えることが多いですが、もし嫉妬という感情がなければ、ライバルによる横恋慕をやすやすと許してしまい、恋愛関係の継続が困難になります。
もし恋人に嫉妬しなくなったら、それが愛情消失のサインともいえるでしょう。
元々嫉妬をしない人と、嫉妬があった人とは条件が違ってきますが…。
嫉妬というのは、相手を愛してるからこそ湧き出てくる感情です。

 

このページの先頭へ