カテゴリ【外見編】を表示

友人や知人に「恋人はどういう人?」と聞かれたときに、どういったことを話すでしょうか?
もちろん、恋人でなくてもいいのですが他には気になる異性でも構いません。
こういった状況のときに、恋人の外見的なところを答えている場合は、もしかしたら相手のことをそれほど理解していないのかもしれません。

内面と外面との大きな違い

もちろん、外面的なことが間違えているわけではありません。
ですが、外面的なことを理解するのに他の人から見ても、大体のことはそれほど時間を必要としません。
日頃から恋人のことを外面的な部分で話しているとしたら、少し注意してみる必要があるかもしれません。
内面的な部分は外面的な部分よりもインパクトが強いので、深い部分まで知っておいたほうが良い付き合いを長くすることができるかもしれません。
それに内面を知って深い付き合いをしていれば、他の人のところに恋人が行ってしまうことも少なくなります。

身の回りで目の大きい人が好かれている場面を何度も見たことがあるという人も多いかと思います。
もちろん、目の大きさだけで判断するわけではありませんが、目の大きい人が好かれている時はどういった心理があるのでしょうか。
まず赤ちゃんや子供は、大人に比べて目が大きいことが多いです。
動物も同じように、目が大きいことにより、直感的に見て大人が可愛いと思う傾向があります。
大人でも目が大きい人が可愛いと思われたり、好かれたりすることが様々な場面であります。
目の中でも黒目(瞳孔)が大きい女性が男性から好かれるという傾向も見受けられます。
なぜ、瞳孔の大きい女性を魅力的だと思うのでしょうか?

目が大きいと可愛いと思われる理由

その理由のひとつに、好きな人を見たときの瞳孔の変化があげられます。
瞳孔は、光の量に反応して、瞳孔が閉じたり開いたりします。しかし、それだけではなく
心理的にも変化することが判明したのです。
つまり、好きな人を見たときに瞳孔が大きくなるわけです。
この瞳孔の変化は、興味や関心の強さを反映し、好意の表れを示すことに繋がります。
よって、大きな瞳孔は女性をより美しく見せるのと同時に、男性の関心をひく傾向があります。

 

このページの先頭へ