カテゴリ【発言編】を表示

出会ったばかりであったりすると自分の気持ちを素直に表現していいのか迷ってしまう場面もあるかもしれません。
ですが、それが初めての体験で感動するようなところであったなら、「初めて」ということを表現してみることもいいかもしれません。
女性の場合は初めてのデートで良いレストランに連れて行ってもらって食事をして
「美味しかったです。ごちそうさまでした。」
という言葉だけでは、それほど感動は伝わりません。
どういった言葉が相手に感動を伝えることができるでしょうか?

「初めての経験」ということを伝える

その前に「こんなお店に行ったのは初めてです。」という言葉があれば相手に感動を伝えることができるかもしれません。
自分がしたことが今までに出会ってきた人ができなかったことをしてあげることができたというのは、嬉しいものです。
人はどこかで自分以外の人と比較してしまうことが少なからずありますので、「初めての体験をさせてあげることができた。」という優越感を持つことができます。
どこかで遠慮してしまう気持ちがあるかもしれませんが、こういった感情は素直に伝えることは相手にとっても自分にとってもいいことなので、素直に気持ちを伝えるようにしてみましょう。

ストレートな表現

上の例では、デートなどのパターンですが、デートでなくてもいいかと思います。
気持ちをストレートに表現するというのは難しいことかもしれません。
ですが、自分の立場に置き換えてみて思ってもいないお世辞を言われるよりも、
本心から思っていることをストレートに伝えられるのとでは、ストレートに伝えられるほうが多くの人が嬉しいはずです。
なので、本当に嬉しかったことを伝えるのは効果的と言えます。
例えば、「こないだこう言ってくれたことが嬉しかったんだ」と伝えてもいいですし、
素直に会えたことが嬉しいと伝えてもいいかもしれません。
自分が心を開いていけば、相手も心を開きやすくなります。
相手の方からしてみれば、「嬉しかった」と表現されることが嬉しい、となるかもしれません。

デート中に、相手が「何か面白いことない?」と聞いてきたら、その2人の関係はもう長くは続かないか、恋愛関係が終わりかけようとしている可能性が高いです。
本当に愛し合っている2人ならば、デート中は何よりも幸せな時間のはずです。
そして本来、愛している人と一緒にいるだけで、嬉しいし楽しい時間のはずです。
それが、こういう質問をするということは、デートが楽しくない、退屈だ、今一緒にいても楽しくないということをハッキリ言ってしまっているわけです。
2人でいても楽しくない。だからこそ、何を提案しても何を言っても、おそらく相手は心から楽しもうとしない可能性が高いです。
そして、相手に恋愛感情がありデートの時間を楽しく過ごしたいと思っているのであれば、自分でも何か面白いことを考えるはずです。
それを放棄しているということは、2人で何かを楽しみたいという意欲も薄れています。
こういう発言がでてくるようであれば、もう2人の関係は長くはないかもしれません。
もしも、自分自身が普段から、こういった発言をしてしまっていることに思い当たるのであれば自ら2人が楽しめるようにしていきましょう。

「好き」という表現は、とても嬉しいものです。
言ってくれた相手と付き合っていたり、好意のある人からであれば嫌だという人は限りなく少ないはずです。
ですが、あまりにも多すぎるのも問題です。
言われて嬉しい言葉なのにも関わらず続けて同じ言葉を言われるのは、あまり良い結果に結びつかないかもしれません。
例え、本当に思っていることを正直に伝えているのにも関わらず、また言われて嬉しい言葉なのに、なぜ続けて言われるのは嫌なのでしょうか。

真剣さを伝える

同じ言葉を続けて言われるということは、「誰にでも同じことを言っているのではないか?」という不安を煽ることになります。
言葉があまりにも多すぎるばかりに、日頃からの行動やしぐさとのバランスが悪くなってしまうと冗談で言っているように聞こえてしまうかもしれません。
だけど、気持ちを伝えるでも書いたのですが思っていることを伝えることは、とても大切なことです。
言わないで伝わるはずもありません。
そういった場合にも考えすぎる必要もありません。
ただ、「真剣さ」を伝えればいいだけです。
相手の目を言いながら言うのも真剣さを伝えることの1つです。
また、男性なら綺麗な夜景を見ながら少しくらいキザに伝えるのもいいかもしれません。

意中の人と結ばれたいと思っているときに、こころがけておきたいことはどのようなことがあるでしょうか。
ファッション、会話、身だしなみなどいろいろとあるかと思います。
今回は、日頃からの体勢に焦点をあててみたいと思います。
ここから先は、日頃からポジティブな発言ができていると、思う方には縁のない話かもしれません。
日頃、「もしかしたら言ってしまっているかも…」と感じた方は読み進めてみてください。

日頃の生活を改善してみる

日頃からネガティブな発言が多くなってしまっていないでしょうか。
意中の相手にはネガティブな発言を軽い気持ちでしているつもりでも、
気がつかないうちに嫌われてしまうという可能性もあり得ないことではありません。
それでは、どのようにして改善していけばいいでしょうか。
そういった発言を気をつけるというのも、1つの方法ではありますが、
無理に我慢をしていても、どこかでポロリとネガティブな発言をしてしまうかもしれません。
まずは、身の回りからポジティブに変えていってはいかがでしょうか。
部屋を掃除する、寝具を綺麗にする、観葉植物を置いてみる、などがあります。
また、デートをするときのために、オシャレなお店を調べてみるというのも1つの方法です。
こういった日頃の行動が、好意を得ることに繋がっていくかもしれません。

「へえー!凄い!」
「すごいなぁ…」
などなど…、褒め言葉を連発する人は多いですが、
褒め上手の人は評判も良く
特に異性から好かれる傾向にあります。
なかには、わざとらしい褒め言葉に違和感がある人もいるかもしれませんが、
人はお世辞だとわかっていても、
褒められると嬉しいものです。
嘘のような褒め言葉でも嬉しいと思ってしまい、
その人に好意を抱くのはなぜなのでしょうか?

自尊心を高めたい

人には、自己是認欲求という基本的な欲求があります。
誰でも自分をプラスに評価し、自尊心を高めたいと思っています。
ところが、自分がそう願っていても、これを満たすのは難しいものです。
自己是認欲求は自画自賛では不十分です。
人から承認され、賞賛されないと満たされないものです。
ですから、この欲求を満たしてくれる人を歓迎します。
特に異性の場合、今までは意識していなかった人でも、
褒められた時点で自分のことをよくわかってくれた人と思い、
急に好意を抱く場合があるのです。
ポイントは好かれたい相手がいたら、出来る限り相手の良い部分を見つけ、褒めまくることです。

 

このページの先頭へ