カテゴリ【テクニック編】を表示

はじめに

恋人としては付き合うことはできない、でも友人としては失いたくない存在。
こういった人から誘われたとき、無理して付き合うのも、断って気まずくなってしまうのも避けたいと多くの人が思うかと思います。
こういったときに上手く断るには、どのような断り方がいいのでしょうか?

感謝の気持ちと外側からの理由

いきなり断りから入ってしまうと気まずい空気が流れてしまいます。
まずは感謝の気持ちを伝えることから入っていきましょう。
そして断る理由も自分の気持ちではなく、外側からの理由で断るようにしてみましょう。
最初から断りを入れるよりも、こうすることによって相手を傷つけずに済みます。
例えば、
「ありがとうございます。でも、ごめんなさい。前から他の人と約束をしているので…。」
というように相手を傷つけないように気を配っていきましょう。

人の性格は様々なのでプライドを傷つけて集団生活では居心地の悪い環境にしてしまうかもしれません。
出来る限り傷つけずに過ごせるようにしたいところです。
好意が行き過ぎるのも困りますが、
敵意に変わらないように注意が必要です。

おわりに

関係が浅いうちは少しのことで人の評価は変わってしまいます。
日々、平和に過ごす為には敵を作らないような断り方を意識しましょう。

プレゼントを好きな人にあげようと思っているときは、相手の喜んでいるところをイメージするだけで楽しくなりますよね。
今回は好きな人に贈るプレゼントについて書いていこうと思います。
付き合って間もなかったり、付き合う前だったりすると、選ぶのにも特に慎重になりますよね。
大きなプレゼントを贈るのと、細かいプレゼントを贈るのではどちらがいいでしょうか。

細かく贈る

一度、とても嬉しいプレゼントを贈られたとしても、「嬉しい」と感じている期間は、それほど長くありません。
ちょっと極端な言い方でしたが、「嬉しい」と感じてはくれますが、
もらったときの喜びからは時間と共に少しずつですが薄れていってしまいます。
そこで、一度にあげる金額が10万円だとしたら、それよりも2万円を5回、もしくは1万円を10回に分けた方が嬉しく感じる時が多くなります。
もちろん、一回で10万円のプレゼントをもらうほうが嬉しいかと思います。
ですが、2万円を5回もらうことは、5分の1の喜びではないはずです。
もしかしたら、半分くらいかもしれません。
記念日や祝いの際に贈るようにすると効果は大きいかもしれません。
これから、プレゼントを贈ろうと思う方は今回の記事を検討してみてくださいね。

短い時間で好意を相手から得るというのは、簡単なことではないかもしれません。
それは、会う回数や相手に費やした時間だけが全てではありません。
沢山の時間をかけたにも、関わらず相手の好意を得ることが出来そうにない場合には少し工夫をしてみましょう。

いろいろな表情を見せる

たとえ、沢山の時間を相手と過ごしていても常に無表情なのと、
喜怒哀楽を相手に見せたのとでは、相手に与える印象も違います。
自分の気持ちをできるだけ表現していくことで、何種類の自分を相手に見せていくことによって、
ただ単純に長い時間をかけてアプローチをかけるよりも効果的になっていくかもしれません。
かけた時間だけでなく一緒にいる少しの時間でも価値を持たせるように心がけてみましょう。

恋人や仲の良い異性がいたとして、ある程度の関係が築けてきたら、
時間を相手が守ってくれなかったという経験はあるでしょうか。
もしも、経験があり現在も悩んでいるという場合に少しでも参考になればと思います。
時間を守ることが、できない相手に対して強制するような言い方をしたとしても、
なかなか理解してもらうのは難しいことです。
むしろ、関係を悪くしてしまう可能性もあります。

細かい時間指定

例えば、駅前に10時に待ち合わせをしたかったとして、
「10時に駅前に待ち合わせしよう。」
と伝えたとしても、日頃から時間を守れていませんから、
細かい時間指定をしてみましょう。
「10時に駅前に待ち合わせしよう。」
という指定から、
「9時55分に駅前に待ち合わせしよう。」
というような中途半端な時間を指定された方が、無意識的に5分の違いに意味があるのかと思い込みやすくなります。

初対面などの場では失敗談と成功談はどちらのほうが効果的でしょうか。
成功談が中心になってしまい失敗談を初対面で話すのには抵抗があるかもしれません。
ですが、失敗談を上手く組み合わせて話すほうが好印象になる場合が多くあります。
人間はパーフェクトな人間には警戒心を抱きます。
欲しい商品を買いに行ったとして、店頭の人が良いところしか言わなかったとしたら、
どこか怪しいのではないかと思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

成功談と失敗談の組み合わせ

だからといって、初対面で失敗談ばかりを話されたとしたら、どう感じるでしょうか?
あまりに失敗の話ばかりを聞かされたとしたら「ドジな人」と考えられてしまうかもしれません。
なので成功談がいけないというわけではなく、できるだけ初対面の印象では成功談を話し相手に良い点をアピールすることも大切です。
そこから、良い部分だけでなく失敗談などを話すと相手に親近感を抱くことになります。
これは、初対面での自慢親しくなるポイントにも書いたような「相補性」とも繋がってきます。
成功談ばかりでも失敗談ばかりでもなく、バランスを上手く取り合うようにしましょう。

告白する相手へ気持ちを伝えるのは、勇気がいることですが、
どのように伝えるのがいいのでしょうか。
「好きです」
というシンプルな言葉で伝えるのもいいのですが、
できれば、相手へ効果的な告白がしたいものです。
他も読む »

初対面から面と向かって伝えたいことが全て言えれば、
それにこしたことはないのですが、全ての人が直球で相手に伝えられるわけではありません。
直接伝えにくいこともメールであれば伝えることも、できるからです。
「こう言われて嬉しかった」「幸せな時間だった」
というような言葉は、なかなか電話や直接は伝えられないものです。
そこをメールなら、ある程度の勇気は必要ではあるものの、
直接伝えるよりも思いを比較的伝えやすくなります。
直接、自分の声で伝えることは出来ないものの、
電話だと相手が都合の悪い時間に大切なことを伝えようとして頭に残っていない可能性も少なからずありますが、
その点はメールで伝える場合は、相手の都合のいい時間に読むことが出来ます。
他も読む »

 

このページの先頭へ