相思相愛なのに、うまくいかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

理想的な相手と恋に落ち、デートを重ねていくうちに何かしっくりこないものを感じ始めたということはありませんか?
相手は、自分のことを嫌いではないようだけど、いつも一緒にいたいという態度や行動が相手をイライラさせてしまっているようで、
これは本当の愛ではないのではないかと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
このようにお互い好きなのに、二人の関係がギクシャクしていることがありますが、この原因としては、それぞれの愛着行動の違いがあげられます。
愛着行動は、安定型、回避型、不安型の3つのタイプに分類されます。

  1. 安定愛着型…スムーズに人と親しくでき、人に頼ることも頼られることもできます。
  2. 回避愛着型…人を信頼することや、頼られることが難しく、人と親しくなることに警戒心を持っています。
  3. 不安愛着型…相手が自分と親しい関係を求めていないのでは、と不安のあまり相手を怖がらせ、遠ざけてしまうことがあります。

この3つのうち、自分の気持ちに最も当てはまっていると思う型が、自分の愛着型です。
恋人同士で違う型だと、関係はギクシャクしてしまう可能性があります。

Tags: ,

カテゴリ : 行動編

 

このページの先頭へ