親しくなるポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

人と人が仲良くなるきっかけにはどういったものがあるでしょうか。
「気がついていたら仲良くなっていた」
というような印象を持っていることが多いかもしれません。
ここでは人と人が仲良くなっていく一例を紹介します。

似ているところと、全く違うところ

一般的には人と人が親しくなるには、「類似性」と「相補性」の原理がはたらいていると言われます。
簡単な言葉にすると「相手と似ている」という場合か「相手と全く逆」です。
類似性の場合は「相手と似ている」ということですが、例えば趣味が似ている場合や好きなことですが、それだけではいけません。
ここで大事なのは、相手と似ているだけでは付き合い始めた段階では楽しいだけでいいかもしれませんが、
結婚の段階までいくと「類似性」だけではいけません。
仕事や家事などで役割分担も必要だからです。
互いに家事が得意で仕事はしたくないという状態よりも、
互いの足りない部分である部分を補ったほうが上手くいきやくなります。
また、自分の知らない部分を教えてくれる、補ってくれるというのも同じです。
自分にないものを相手が補ってくれるというのが大切になります。
これが「相補性」です。
初期の段階では「類似性」が特に必要になりますが、付き合いが進んでくる毎に「相補性」が必要となってきます。

おわりに

人によっては「自分と違いすぎる人は、あまり仲良くなれない」という場合やその逆もあるかと思います。
仲良くなりたい人がいた場合には共通点を見つけて知らせるのも方法のひとつです。

Tags: , ,

カテゴリ : 雑学編

   |    >>
 

このページの先頭へ