尽くしすぎる愛

このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな相手には、なにかと尽くしたいと思う人は多いかもしれません。
その尽くすことによって、相手もきっと同じように自分を愛してくれると願って。
実際の所、本当に尽くせば尽くすほど愛は返ってくるのでしょうか?

公平感があるほうが恋は長続きする

愛する人に献身的に尽くすことは、相手からも愛されることを願う心理が大きいものです。
自分だけ相手に尽くすというのはどこか公平ではない感じがします。
しかし、片方があまりに尽くしすぎる愛は、破局を迎える可能性が高いのです。
要は、尽くしすぎても好意は生まれないし、関係もうまくはいかないのです。
さらに相手から恩恵を受けていない、あるいは受けすぎていると感じている場合、性的行動を避ける傾向がみられます。
自分ばかりが愛しても構わないと思っている方は、少しでも可能な限りバランスを意識してみてください。
恋愛は2人の心理的関係のバランスが取れていないと、長続きしないのです。

Tags: ,

カテゴリ : 行動編

 

このページの先頭へ