気持ちを連呼

このエントリーをはてなブックマークに追加

「好き」という表現は、とても嬉しいものです。
言ってくれた相手と付き合っていたり、好意のある人からであれば嫌だという人は限りなく少ないはずです。
ですが、あまりにも多すぎるのも問題です。
言われて嬉しい言葉なのにも関わらず続けて同じ言葉を言われるのは、あまり良い結果に結びつかないかもしれません。
例え、本当に思っていることを正直に伝えているのにも関わらず、また言われて嬉しい言葉なのに、なぜ続けて言われるのは嫌なのでしょうか。

真剣さを伝える

同じ言葉を続けて言われるということは、「誰にでも同じことを言っているのではないか?」という不安を煽ることになります。
言葉があまりにも多すぎるばかりに、日頃からの行動やしぐさとのバランスが悪くなってしまうと冗談で言っているように聞こえてしまうかもしれません。
だけど、気持ちを伝えるでも書いたのですが思っていることを伝えることは、とても大切なことです。
言わないで伝わるはずもありません。
そういった場合にも考えすぎる必要もありません。
ただ、「真剣さ」を伝えればいいだけです。
相手の目を言いながら言うのも真剣さを伝えることの1つです。
また、男性なら綺麗な夜景を見ながら少しくらいキザに伝えるのもいいかもしれません。

Tags: ,

カテゴリ : 発言編

 

このページの先頭へ