複数回会う

このエントリーをはてなブックマークに追加

好意を抱いている人とは何度でも会いたいものです。
しかし、相手も好意を抱いているかわからない場合には、なかなか会うことができないという場合もあります。
恋を成熟させるには何度か会うというのは、とても大切です。
また会う回数だけではなく内容もそうですが、できれば間隔をあまり開けすぎるのもよくありません。
では、どうすれば間隔を開けずに会うことが出来るでしょうか。

当日にデートの思いを伝える

メールを活用にも書いたのですが、相手の記憶が新しいうちに伝えることが大切です。
相手も、何度も誘ってくるのは暇だからではなく好意を持っているからというのはわかっているはずなのですが、やはり伝えてもらったほうが嬉しいはずです。
もちろん、会っているときに言ったほうがデートの日に次のデートの約束もできる可能性も上がりますので、会っているときに伝えることが出来るであれば、そっちのほうがいいかもしれません。

具体的に約束をする

デートの感想を伝えることができたのであれば、次はいよいよ約束をします。
できることならデートの日、もしくは翌日に次の約束をしたいところです。
「また今度遊ぼう。」
というような言葉では「そうだね。」という言葉が返ってきて終わってしまう場合が多いです。
約束は出来る限り具体的な日にちを指定します。
「今度の日曜日空いている?」
という具合に日程を出来る限り当日、できなければ翌日には約束をしたいところです。

Tags: ,

カテゴリ : 行動編

 

このページの先頭へ