時計や結婚指輪をしない人の心理

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚をすると結婚指輪をつける夫婦というのは普通だと考えられます。
それにも関わらず結婚しているのに結婚指輪をつけない人は、一般に束縛を嫌うタイプが多いです。
もちろん、職種によっては仕事の邪魔になってしまったり、指輪をつけること自体が危険であったり、仕事中に指輪に傷をつけてしまうということもあるかと思います。
また結婚した時に資金的な問題で購入は先にしようと思っていたりする場合もあるかもしれません。
そうでない場合は結婚から生じる様々な束縛から自由でいたいと思っている可能性があります。
結婚指輪をしていれば、その人が何も言わなくても既婚者だとすぐにわかります。
好みの異性に会ったとしても、その相手に自分が既婚者だと一目でわかってしまいます。
恋愛に限らず意識的であれ無意識的であれ、束縛から逃れたい傾向があります。
時計をしていない人は、時間に束縛されたくないタイプが多いです。
こういうタイプの人たちは、規律を押し付けられたり束縛されるのが嫌いなので、ある程度は自由にさせてあげる必要があるのかもしれません。

Tags: , ,

カテゴリ : 本能編

 

このページの先頭へ