浮気をしやすいタイプ

このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気に悩まされることの多い方も多いのではないでしょうか。
浮気が多いタイプには色々なタイプがあったり、環境的なこともあるかと思います。
今回は浮気の多い一例として取り上げていこうと思います。
心理学者による調査で、浮気をしやすい性格としてナルシストがあげられるようです。
ナルシストを辞書で引くと

ナルシシスト【narcissist】
自己陶酔型の人。また、うぬぼれ屋。ナルシスト。
Yahoo!辞書 – ナルシシスト【narcissist】

ということです。

一番でありたい

基本的にナルシストな人は自分が一番可愛いから、他人の悲しみや苦しみを理解しようとしない傾向があります。
相手が配偶者であっても恋人であっても、結局他人なので、浮気などは自分にとって当然の権利くらいに思ってしまうのかもしれません。
パートナーがナルシストかどうか見極める6つの項目を紹介します。
こちらも参考までに。

  1. 露出的(自分の体に自信があるので好んで見せびらかせる)
  2. 誇大的(自分を高い位置に置きたがる)
  3. 自己中心的
  4. 特権意識(与えるよりも得るほうばかり)
  5. 共感の欠如(苦しい人の気持ちを理解しない)
  6. 個人間の搾取(金のためなら友人も利用する)

このような部分があるパートナーには十分気をつける必要があるのかもしれません。
また、女性のほうが浮気に悩んでいるケースが多いかと思います。
浮気を見抜く能力も一般的には女性の方が高いとも言われます。
これにはどういった理由があるのでしょうか?

シグナルをキャッチしやすい

一夫一婦制を制度としている国では、浮気を善だと考える人は、あまり多くありません。
ですから、できるだけ浮気をしている人はパートナーへの発覚を恐れ、後ろめたさを感じながらも隠そうとします。
しかし、隠そうとすればするほど行動が不自然になってしまうことも珍しくありません。
食べ物や嗜好、音楽に変化が見られたり怒りっぽくなったり、やたら優しくなったりと不自然な行動が目立つようになり、浮気は見抜かれていきます。
そして、浮気を見抜く能力は、男性よりも女性のほうが優れているといわれています。
女性が鋭い勘を身につけるようになったのは、長い人類の進化史があります。
そして、精神的な浮気に対する危機意識が強いというのも理由のひとつでしょう。
だから、些細な浮気のシグナルを見逃さないのです。

Tags: ,

カテゴリ : 浮気編

 

このページの先頭へ