マイナスの会話から仲を深める

このエントリーをはてなブックマークに追加


ときに、マイナスの会話から急速に仲を深めることもあります。
共通する話題を好意のある人とするときは全てが良い話ばかりではないかもしれません。
悪口であったり、マイナスの話から親しい関係に発展する場合も少なくないかもしれません。
ですが、最初上手くいっているように感じても次第に相手が離れていってしまうということもあるかもしれません。
場の盛り上がりもよかったのに、なぜそのような形になってしまうのでしょうか?

楽しくマイナス面の会話

悪く言うことにも悪意を感じてしまうと、その相手に対して「好き」という感情はなかなか芽生えるものではありません。
ときに、言葉遊びや発想の転換なども混ぜたユーモアも必要です。
できれば、共通できる話題のほうがいいかと思います。
ただ単純に悪く言うのでは聞いているほうも暗い気持ちになってしまいます。
一方で笑えるような話にすれば、場も盛り上がっていきます。
楽しく会話を進めていくのに、マイナス面も楽しく感じるような会話を心がけてみてはいかがでしょうか!?
でも、いくら会話が盛り上がったからといって、マイナス面のことばかりを言っていると相手からの信用もなくなってしまいます。
多くてもマイナスの話題は2回くらいまでにしたほうが無難かと思います。
こういった会話は親しくなるポイント初対面での失敗と成功の話と組み合わせてみるのもいいかもしれません。

認めることも忘れない

ここまで、マイナス面を話して楽しく感じるような会話を心がけをオススメしました。
ここで、間違えた方向に行ってしまいそうなのが、「相手のマイナス面」に対すること。
相手の方のこともマイナスな言い回しをしないように注意が必要です。
自己是認欲求を刺激するでも書いたように、
人には、自己是認欲求という基本的な欲求があり人は誰でも、認められたいものです。
マイナス面で共通する話も大切ではあるのですが、相手のことを認めることも忘れてはいけません。
特にマイナス面の話をしているときに、ちょっとしたことで空気が悪くなってしまうこともあるかもしれません。
そういったときには、小さな一言でもいいので、「でも私はいいと思う。」というように認める言葉をかけるようにしましょう。

Title Photo by Madmoiselle Lavender lou ♥ pray 4 everyone

Tags: , , ,

カテゴリ : 会話編

 

このページの先頭へ