恋人としては付き合えない友人からの誘いの断り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

恋人としては付き合うことはできない、でも友人としては失いたくない存在。
こういった人から誘われたとき、無理して付き合うのも、断って気まずくなってしまうのも避けたいと多くの人が思うかと思います。
こういったときに上手く断るには、どのような断り方がいいのでしょうか?

感謝の気持ちと外側からの理由

いきなり断りから入ってしまうと気まずい空気が流れてしまいます。
まずは感謝の気持ちを伝えることから入っていきましょう。
そして断る理由も自分の気持ちではなく、外側からの理由で断るようにしてみましょう。
最初から断りを入れるよりも、こうすることによって相手を傷つけずに済みます。
例えば、
「ありがとうございます。でも、ごめんなさい。前から他の人と約束をしているので…。」
というように相手を傷つけないように気を配っていきましょう。

人の性格は様々なのでプライドを傷つけて集団生活では居心地の悪い環境にしてしまうかもしれません。
出来る限り傷つけずに過ごせるようにしたいところです。
好意が行き過ぎるのも困りますが、
敵意に変わらないように注意が必要です。

おわりに

関係が浅いうちは少しのことで人の評価は変わってしまいます。
日々、平和に過ごす為には敵を作らないような断り方を意識しましょう。

Tags: , ,

カテゴリ : テクニック編

 

このページの先頭へ