名前を呼ぶことで好感度アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

異性に対して名前で呼べるまで、
どのくらい時間がかかりますか?
「恥ずかしくて無理」
「相手の出方を伺う」
というように、踏み出せない人もいれば、
「会ってから間もなく呼ぶことができる」
という人もいるかと思います。

好感度アップに繋がる

異性が苦手という方は最初から相手の名前を呼ぶことが苦手という方も多いかと思います。
ですが、好感度をあげるのであれば早めに相手の名前を呼ぶことを意識するべきです。
名前を覚えてもらうことによって不愉快になるという人はいないと思います。
名前を呼ばれることによって、個人として認識された気持ちになりますので、好感度アップに近づきます。
ただ、いきなり下の名前で呼ぶことに抵抗がある人もいるかと思いますので、
下の名前で呼ぶ場合には頻繁に呼びすぎたり、なれなれしくなりすぎないようにも注意しましょう。
最初は名字で呼んで、あとから下の名前というのに切り替えられない場合には、
「自分の名前を○○と呼んでください」
というようにしてから、呼びかけるのもいいですし、
「○○さんと呼んでもいいですか?」
というように許可を得るようにしていけば断られたり
不快にさせることも少なくなります。
「○○ちゃん」というような場合は親密度は高くなりますが、
最初から呼ぶと不愉快になる人もいるかと思いますので、注意が必要です。

おわりに

いかがてしたか?
できるだけ早く呼んだほうがいいのですが、
会ってから数分のうちに下の名前で呼ぶと遊び人だと思われるかもしれません。
初対面であれば1時間くらいは様子をみたほうがいいかもしれませんね!

Tags: ,

カテゴリ : 会話編

 

このページの先頭へ