顔見知りになることで始める

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋に奥手な人であっても好きな人の視線が届く範囲にいくことならできるかもしれません。
できる限り、その人の視界に入る行動をしていれば、それだけで相手は好意をもつ可能性があります。
例えば同じ電車で毎日顔をあわす、その人と同じサークルに入るなどがあります。
これを、心理学用語で単純接触の原理と呼び単純接触の回数が増せば、その人への好意が高まる可能性があります。
人は、見覚えのある顔に無意識に好意を持つことになります。

Tags:

カテゴリ : 行動編

 

このページの先頭へ