相づちで好感度アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分では、しっかりと人の話を聞いているつもりでいても、
相手に「話を聞いていない」と思われることは少なくないかもしれません。
どういったタイミングで相づちをすれば相手の好感はあげることができるでしょうか。

話のなかの相づち

相手の会話のなかには必ず一息つくところがあります。
文字にすると「?(疑問符)」の部分や「。(句点)」、「、(読点)」があります。
相手の話のリズムに合わせて相づちをしていく必要があります。
ただ、むやみやたらと相づちをしていても相手は話を聞いていないと感じることも多々あります。
必要な時に、必要なだけの相づちが必要とします。
相づちをする時には、相手の顔を見て話を聞いている意識を与えることが大切です。

Tags: ,

カテゴリ : 会話編

 

このページの先頭へ