一緒にいたくなる相手

このエントリーをはてなブックマークに追加

常に一緒にいたくなる相手とは、どういった相手でしょうか。
一緒にいたいと思われるには、どういった行動をしていればいいのでしょうか。
では、反対に考えてみて、どういった相手と一緒にいたくないかというところです。

相手を認める

その1つに相手を認めることが大切です。
だれでも人から認められたいと考えています。
ですが、認められたい気持ちが強すぎて、相手の話に耳を傾け「なるほど。」「すごいね。」という言葉が言えないために、
相手から「一生懸命話したのに、キチンと聞いてもらえなかった。」という印象を持たれてしまうと一緒にいたい相手ではなくなってしまいます。
「自分が教える立場で褒められたい、感心されたい。」
という気持ちが強すぎると相手を不愉快にしてしまう可能性があります。
また、自尊心を高めたい気持ちが人にはあることを自己是認欲求を刺激するで書いています。
そういった気持ちはどこかで、「自分が劣っている。」という気持ちを持っているからなのかもしれません。

Tags: ,

カテゴリ : 会話編

 

このページの先頭へ