恋心が生まれる8つの心理的理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

気がついたら恋に落ちていた…
という素敵な体験をしたことがあるでしょうか?
どういった場合に恋に人は落ちていくのでしょうか?

1. 相手の特性

「どんな人を恋人にしたいか?」と聞かれて
「優しい人、細い人、背の高い人」など相手の特性が真っ先にあげられることがあります。
人は自分の基準に合致した人に魅力を感じる傾向にあります。
自分では気がついていなかった場合にも魅力を感じることがあるかもしれません。

2. 相手の行動特徴

恋愛感情は、実際の付き合いで生まれます。
自分を高く評価してくれたり、関心を示してくれた人に恋心を抱く傾向にあります。

3. 自己の特性

性格や自分への評価が、恋愛に大きな影響を与えることがあります。

4. 自己の心理状態

気分がいいときは人を好きになることがあります。
自分の生理的興奮状態が、気付かないうちに恋心を生みます。

5. 相互的特性関係

性格や好みは、相対的で相互的です。
相性が良い、釣り合いが良い、ときには互いに好意を持つようになります。

6. 相互作用

相互作用により、行動の交換がなされ、好意が生まれことがあります。
相互作用の内容と回数が、好意を高めます。

7. 社会の要因

思春期になると好きな人ができ
青年期には恋人がいるのが普通という考えが恋心をかりたてます。
また、友人の行動を見ていて
「恋をしなくちゃ」
と思わされることによって恋をしやすい心理状態が生まれます。
また社会的に同年代の人が恋をする時期に入ると恋をしやすくなります。

8. 環境的要因

出逢いの場所、雰囲気などが恋愛感情を盛り上げます。
毎日のように会っていたり、あまり関心がない人だった場合にも、
イベントなどで出会った場合に今までとは見え方が変わってくるかもしれません。

おわりに

いかがでしょうか?
今までの恋を思い返してみると当てはまることがあった方もいらっしゃるかもしれません。
始まりはどんな恋の形であったとしても
最終的には「出会えてよかった」と思える恋がしたいものですね!

カテゴリ : 全般

 

このページの先頭へ