「理解している」という言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

人の中身は、簡単にわかるものではありません。
相手のことが短期間で相手のことがわかるはずもありません。
わかっているつもりになっていても、見えていない部分のほうが沢山あるはずです。
「あなたは、わかりやすい」や「あなたのことがわかった。」
というような言葉を相手に言うと気分を害してしまうかもしれません。
一見すると格好のいい言葉かもしれません。
ですが、人間関係を悪くしてしまう可能性もあります。

親切心が逆効果に

たとえ、前述した「あなたのことがわかった。」ということが正しかったとしても、
それを言われたほうは気分を害してしまうかもしれません。
誰もが希望を持っています。
「今の状況よりも、よくしたい。」「目指しているところは今の状況じゃない。」
こういった希望があるからこそ、努力が出来たりするものを、
逆に自尊心を傷つけてしまうかもしれません。
自分のなかでは、相手を理解しているという親切な気持ちも逆効果になりかねませんので注意が必要です。
それとは逆に「初めて会うタイプだよ。」という言葉のほうが幸せな気分にできるかもしれません。

Tags:

カテゴリ : 会話編

 

このページの先頭へ