過度な愛想

このエントリーをはてなブックマークに追加

人からよく思われたいという気持ちは多くの人に持っています。
初対面の人、気になる人に対して、恋愛が始まった段階では、特にそういった気持ちが強くなるのが普通だと思います。
初めから印象を悪くしてしまったら、今後の展開も期待できなくなってしまいますし、
できることなら、自分が好意を持つように相手にも好意を持たれたいと思う気持ちを持つのは当然のことです。
ですが、過度な愛想は後に逆効果になってしまうかもしれません。

愛想は、ほどほどに

もちろん、全て本心だけで行動しているだけなら問題はありません。
ですが、本来の自分とあまりにも違いすぎると、相手と交際することになっても、
後に相手の印象が変わってしまい失望を招いてしまうかもしれません。
最初のイメージがよすぎて、本来の姿を見たときに失望してしまう可能性があるからです。
特に付き合いが長くなっていくと、過度な愛想を作り続けるのは困難です。
人間ですから、嫌なことがあったり、体調が優れないときもあります。
初対面で愛想を良くし、印象をよくするのはいいのですが、過度に愛想をよくしていると後の自分を苦しめることになってしまうかもしれませんので注意が必要です。

Tags: ,

カテゴリ : 雑学編

 

このページの先頭へ