可能性が少ないからと諦めない

このエントリーをはてなブックマークに追加

脈がないからといって、気持ちをアピールすることを辞めてしまうことは、
可能性を自ら潰してしまうことになりかねません。
なぜなら、好意を示されて悪い気持ちになる人はあまりいないからです。
もちろん、過度に追いかけ回す形になってしまえば迷惑になるかもしれませんが、
常識的な範囲内であれば問題はないはずです。
日頃から消極的だと感じる方の場合は、常識的な範囲内も自ら判断するのも友人などに判断してもらったほうがいいかもしれません。

さりげない行動

好意を示すことは可能性を広げることになります。
しかし、口で伝える勇気がないという方もいらっしゃるかと思います。
そういった場合には、さりげない行動で示すのもひとつの方法です。
行動で示すというのは、例えば何かを手助けするというのもいいかもしれません。
もちろん、誰にでもやっていることではなく特別気を配ることです。
そして、もし好意を抱かれるような展開になったとしたら、
照れずに好意を抱かれて嬉しいと言うことを相手にわかるようにしましょう。
照れて素っ気なくしたばかりに、せっかく訪れたチャンスを逃してしまうことになりかねません。

Tags: ,

カテゴリ : 行動編

 

このページの先頭へ