ストレート

好意を持たれる第一歩
意中の人がいるときに、男性ならどういったところから女性にアピールしていけばいいでしょうか?
相手からの好意があるとわかっていれば、あとはデートを重ねていったり、自分を知ってもらったり、面白い会話を心がけたりと色々とあるかと思います。
でも、好意を持たれているのかわからないという場合にどういった行動を起こしていくべきでしょうか?
他も読む »

出会ったばかりであったりすると自分の気持ちを素直に表現していいのか迷ってしまう場面もあるかもしれません。
ですが、それが初めての体験で感動するようなところであったなら、「初めて」ということを表現してみることもいいかもしれません。
女性の場合は初めてのデートで良いレストランに連れて行ってもらって食事をして
「美味しかったです。ごちそうさまでした。」
という言葉だけでは、それほど感動は伝わりません。
どういった言葉が相手に感動を伝えることができるでしょうか?

「初めての経験」ということを伝える

その前に「こんなお店に行ったのは初めてです。」という言葉があれば相手に感動を伝えることができるかもしれません。
自分がしたことが今までに出会ってきた人ができなかったことをしてあげることができたというのは、嬉しいものです。
人はどこかで自分以外の人と比較してしまうことが少なからずありますので、「初めての体験をさせてあげることができた。」という優越感を持つことができます。
どこかで遠慮してしまう気持ちがあるかもしれませんが、こういった感情は素直に伝えることは相手にとっても自分にとってもいいことなので、素直に気持ちを伝えるようにしてみましょう。

ストレートな表現

上の例では、デートなどのパターンですが、デートでなくてもいいかと思います。
気持ちをストレートに表現するというのは難しいことかもしれません。
ですが、自分の立場に置き換えてみて思ってもいないお世辞を言われるよりも、
本心から思っていることをストレートに伝えられるのとでは、ストレートに伝えられるほうが多くの人が嬉しいはずです。
なので、本当に嬉しかったことを伝えるのは効果的と言えます。
例えば、「こないだこう言ってくれたことが嬉しかったんだ」と伝えてもいいですし、
素直に会えたことが嬉しいと伝えてもいいかもしれません。
自分が心を開いていけば、相手も心を開きやすくなります。
相手の方からしてみれば、「嬉しかった」と表現されることが嬉しい、となるかもしれません。

 

このページの先頭へ