デート

デートの最中に恋人の機嫌が悪いときは、同じようにイライラしてしまったり、寂しい気持ちになってしまうことがあるかもしれません。
相手に八つ当たりをされているのではないか、嫌われてしまったのではないかと色々と考えすぎてしまうこともあるかもしれません。
こういった場合には、どういった行動、言動があるのがいいのでしょうか?

優しい気持ちで接する

人は生きている以上、色々なことがあります。
人間関係、仕事、様々なことが考えられますが、誰にでも気分が晴れない日があっても何も不思議ではありません。
出会ったばかりの頃はないのも裏返してみれば、イライラしているところを見せられることは親しいという証でもあります。
イライラしている相手に同じようにけんか腰で当たったら逆効果なのは言うまでもありません。
優しい気持ちで理由を聞いてみましょう。
怒っている相手に対して、同じように接すれば自然と同じ感情を繰り返して最悪の場合、喧嘩別れもあるかもしれません。
優しくしてくれた人に八つ当たりをしたら、最初は勢いで言ってしまうものの後から罪悪感が芽生えて素直に接してくれるかもしれません。
優しい気持ちで接して相手のイライラした気持ちをクールダウンさせることを意識してみましょう。
もしかしたら、貴方自身のことが原因でイライラしている場合も考えられます。
自分が原因だとしたら、事情を説明したり、素直に謝罪する気持ちも大切です。

デート中に、相手が「何か面白いことない?」と聞いてきたら、その2人の関係はもう長くは続かないか、恋愛関係が終わりかけようとしている可能性が高いです。
本当に愛し合っている2人ならば、デート中は何よりも幸せな時間のはずです。
そして本来、愛している人と一緒にいるだけで、嬉しいし楽しい時間のはずです。
それが、こういう質問をするということは、デートが楽しくない、退屈だ、今一緒にいても楽しくないということをハッキリ言ってしまっているわけです。
2人でいても楽しくない。だからこそ、何を提案しても何を言っても、おそらく相手は心から楽しもうとしない可能性が高いです。
そして、相手に恋愛感情がありデートの時間を楽しく過ごしたいと思っているのであれば、自分でも何か面白いことを考えるはずです。
それを放棄しているということは、2人で何かを楽しみたいという意欲も薄れています。
こういう発言がでてくるようであれば、もう2人の関係は長くはないかもしれません。
もしも、自分自身が普段から、こういった発言をしてしまっていることに思い当たるのであれば自ら2人が楽しめるようにしていきましょう。

出会ったばかりのときは、いろいろなところに遊びに行っていたのに、
付き合いが長くなってきたり、結婚生活が長くなってくると別々のことを互いにしているということも珍しくありません。
良い方向に捉えられないこともあるのですが、果たしてそれほど悪いことなのでしょうか?

沈黙で深まる関係

出会ったばかりの時期は、デートをする、スポーツをするなどの他のやることが会う目的ということが多いですが、
長い関係になってくると、これらの目的を毎回していても行くべきところもなくなってきますし、
男性はいつも格好いいところを、女性はいつも可愛らしいところを見せているわけにもいかなくなってきます。
そこで、徐々に一緒にいるということが目的になってきます。
別々のことをしているということは、お互いに会話をしない時間も増えてきますが、
これは2人の仲が深くなってきている証拠でもあります。
こういった状況は悪いことばかりでもなく、関係が深まっているとも言えます。

理想的な相手と恋に落ち、デートを重ねていくうちに何かしっくりこないものを感じ始めたということはありませんか?
相手は、自分のことを嫌いではないようだけど、いつも一緒にいたいという態度や行動が相手をイライラさせてしまっているようで、
これは本当の愛ではないのではないかと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
このようにお互い好きなのに、二人の関係がギクシャクしていることがありますが、この原因としては、それぞれの愛着行動の違いがあげられます。
愛着行動は、安定型、回避型、不安型の3つのタイプに分類されます。

  1. 安定愛着型…スムーズに人と親しくでき、人に頼ることも頼られることもできます。
  2. 回避愛着型…人を信頼することや、頼られることが難しく、人と親しくなることに警戒心を持っています。
  3. 不安愛着型…相手が自分と親しい関係を求めていないのでは、と不安のあまり相手を怖がらせ、遠ざけてしまうことがあります。

この3つのうち、自分の気持ちに最も当てはまっていると思う型が、自分の愛着型です。
恋人同士で違う型だと、関係はギクシャクしてしまう可能性があります。

昔も今もデートで遊園地は人気スポットのひとつです。
子供も多いのですが、それよりも若いカップルは特に多く見られます。
遊園地でのジェットコースターやお化け屋敷は親近感が特に高くなります。
それは一緒に怖い体験をするということが重要です。

一緒に体験する

一緒に怖い体験をすることによって、恋が芽生えやすくなります。
2人がジェットコースターやお化け屋敷が好きであれば遊園地をデートスポットに選んだ場合は行った方が恋が芽生える可能性は高くなります。
一緒に体験することによって2人の関係を深くすることが期待できます。
また、遊園地ではなくともホラー映画を見に行くというのもいいでしょう。
このようなことを心理的興奮と言いますが、スポーツを一緒にするというのもありかもしれません。

スリルを恋心が芽生える

以上のことから、つり橋やジェットコースターをデートスポットに選ぶと、恋心が生まれやすいものです。
それは、スリルを感じ、生理的興奮状態にある時に若い女性が現れると、この興奮は
その女性への一目惚れの興奮ではないかという誤認の心理メカニズムが働くからです。
ただ、これが間違った情緒だったとしても、生じた恋心は本物になる場合もあります。
意中の相手には、ジェットコースターなどのスリルと興奮を味あわせてみましょう。
ちなみに、こういった誤認が起こるのは胸が高まることから来ています。
一緒に怖いことを体験するし、恐怖感が高まり胸が高鳴るなかで異性といると人間は、
胸の高鳴りを異性のせいだと勘違いしやすくなるからです。

 

このページの先頭へ