プレゼント

恋人に喜んでもらえそうなことを思いついて、実際に行動に移すことをためらってしまうこともあるかもしれません。
そういう場合にあるケースに「喜んでくれなかったらどうしよう」と思うことがあるかもしれません。
では、別の機会にするのがいいのか、または誰かに相談するべきでしょうか?

行動が大事

まずなにをするかよりも、行動を起こすことが一番素敵なことです。
例え、プレゼントをあげたとして気に入る物でなかったとしても、行動に起こしたことが相手にとって嬉しいというケースも沢山あります。
万が一、気持ちすら伝わらず一見すると無意味に思えるようなことでも、あとあと気持ちが伝わるかもしれませんし、
行動に起こすことができたので、自信にも繋がるかもしれません。
気持ちを伝えることができることは、とても素晴らしいことです。

プレゼントを好きな人にあげようと思っているときは、相手の喜んでいるところをイメージするだけで楽しくなりますよね。
今回は好きな人に贈るプレゼントについて書いていこうと思います。
付き合って間もなかったり、付き合う前だったりすると、選ぶのにも特に慎重になりますよね。
大きなプレゼントを贈るのと、細かいプレゼントを贈るのではどちらがいいでしょうか。

細かく贈る

一度、とても嬉しいプレゼントを贈られたとしても、「嬉しい」と感じている期間は、それほど長くありません。
ちょっと極端な言い方でしたが、「嬉しい」と感じてはくれますが、
もらったときの喜びからは時間と共に少しずつですが薄れていってしまいます。
そこで、一度にあげる金額が10万円だとしたら、それよりも2万円を5回、もしくは1万円を10回に分けた方が嬉しく感じる時が多くなります。
もちろん、一回で10万円のプレゼントをもらうほうが嬉しいかと思います。
ですが、2万円を5回もらうことは、5分の1の喜びではないはずです。
もしかしたら、半分くらいかもしれません。
記念日や祝いの際に贈るようにすると効果は大きいかもしれません。
これから、プレゼントを贈ろうと思う方は今回の記事を検討してみてくださいね。

 

このページの先頭へ