一目惚れ

一目惚れなどから、勇気を出して告白したものの「友達でいよう」「今まで通り友人でいましょう」という答えが返ってきて諦めてしまうということは多いかもしれません。
ですが、特に一目惚れから短期間で告白をした場合、その告白が本気で言っているのか相手にとってもわかりません。
こちら側からは一目惚れで急加速した恋だとしても、相手にとっては後から来る恋になるかもしれません。
せっかくの恋を諦めたくないというのであれば、しつこくしすぎずに恋の成熟を待つのも1つの方法かもしれません。

チャンスを作り出す

アピールが足りなかったとしたら、ある程度の期間をかけて友人として自分をアピールしていくことも大切です。
また、いつまでも友人の関係では満足もいかないという場合も多いでしょうから、一定の時期で勝負をかけるときも必要です。
「1回だけでいいから…」という理由でデートに誘ってみるのもいいかもしれません。
ある程度の時間を友人として過ごすことができたなら、1回のチャンスでどこまでアピールできるかが勝負です。
そういった場合でもアピールすることばかりに気を取られずに相手を主体とした会話も意識するようにしてみてはいかがでしょうか。

一目でその相手に会った瞬間身震いが起こり、運命の人だと思った、などという一目惚れで始まったという恋愛話はよく耳にすることだと思います。
果たして一目惚れは本当に存在するだろうかと思う人もいらっしゃるかもしれません。
そして、どちらかというと一目惚れは、若い時におこりやすいものです。
一目惚れした人との結婚ですが、意外にも離婚率が低いのです。
結婚はしなかったとしても、その相手と長期的な付き合いをしているカップルも多いものです。
一目惚れというのは、こればかりは自ら起こしたいと思ったとしても難しいものです。
一目惚れは単なる一時的な感情の高ぶりではなく、一生を決める運命の出会いであることが明らかにされているのです。

 

このページの先頭へ