伝える

心を開いてからの注意
恋人になんでも言いたいことが言える関係、お互いの意見を交換できるというのは素晴らしいことですね。
お互いが言いたいことを言えるようになるというのは、すぐにできるようになるものではありません。
心を開いていないと出来ないことです。
ただ、心を開いているからといって、なんでも言いたいことを伝えるというのもよくありません。
他も読む »

出会ったばかりであったりすると自分の気持ちを素直に表現していいのか迷ってしまう場面もあるかもしれません。
ですが、それが初めての体験で感動するようなところであったなら、「初めて」ということを表現してみることもいいかもしれません。
女性の場合は初めてのデートで良いレストランに連れて行ってもらって食事をして
「美味しかったです。ごちそうさまでした。」
という言葉だけでは、それほど感動は伝わりません。
どういった言葉が相手に感動を伝えることができるでしょうか?

「初めての経験」ということを伝える

その前に「こんなお店に行ったのは初めてです。」という言葉があれば相手に感動を伝えることができるかもしれません。
自分がしたことが今までに出会ってきた人ができなかったことをしてあげることができたというのは、嬉しいものです。
人はどこかで自分以外の人と比較してしまうことが少なからずありますので、「初めての体験をさせてあげることができた。」という優越感を持つことができます。
どこかで遠慮してしまう気持ちがあるかもしれませんが、こういった感情は素直に伝えることは相手にとっても自分にとってもいいことなので、素直に気持ちを伝えるようにしてみましょう。

ストレートな表現

上の例では、デートなどのパターンですが、デートでなくてもいいかと思います。
気持ちをストレートに表現するというのは難しいことかもしれません。
ですが、自分の立場に置き換えてみて思ってもいないお世辞を言われるよりも、
本心から思っていることをストレートに伝えられるのとでは、ストレートに伝えられるほうが多くの人が嬉しいはずです。
なので、本当に嬉しかったことを伝えるのは効果的と言えます。
例えば、「こないだこう言ってくれたことが嬉しかったんだ」と伝えてもいいですし、
素直に会えたことが嬉しいと伝えてもいいかもしれません。
自分が心を開いていけば、相手も心を開きやすくなります。
相手の方からしてみれば、「嬉しかった」と表現されることが嬉しい、となるかもしれません。

既婚女性の浮気は、結婚生活の基盤を揺るがしかねません。
そんな危険を冒してまで浮気をする女性の心理とはなんなのでしょうか。
浮気をする女性というのは状況的な場合もありますが、基本的に自分に自信をもっていることが多くあります。
また、自分を素晴らしい魅力的な女性だと思い込み自信過剰になっている人も多いかもしれません。
ただ、それらは傾向がある人がいるというだけで浮気をする理由とは結びつきません。
浮気をする行動はどこにあるのでしょうか?
他も読む »

友人や知人に「恋人はどういう人?」と聞かれたときに、どういったことを話すでしょうか?
もちろん、恋人でなくてもいいのですが他には気になる異性でも構いません。
こういった状況のときに、恋人の外見的なところを答えている場合は、もしかしたら相手のことをそれほど理解していないのかもしれません。

内面と外面との大きな違い

もちろん、外面的なことが間違えているわけではありません。
ですが、外面的なことを理解するのに他の人から見ても、大体のことはそれほど時間を必要としません。
日頃から恋人のことを外面的な部分で話しているとしたら、少し注意してみる必要があるかもしれません。
内面的な部分は外面的な部分よりもインパクトが強いので、深い部分まで知っておいたほうが良い付き合いを長くすることができるかもしれません。
それに内面を知って深い付き合いをしていれば、他の人のところに恋人が行ってしまうことも少なくなります。

付き合って長くなったり、結婚生活が長くなってくると、
「好き」「愛している」という気持ちがあったとしても言葉ではあまり表現しなくなっていくという人も多いのではないでしょうか。
「言葉で表現しなくても、行動で伝わっている」「告白のときに言ったのだから…」「プロポーズのときに言ったから」などのような理由で相手に伝わっていると思っている場合も多いかもしれません。
確かに間違いではないかもしれません。
言わなくても伝わっている場合もあるかもしれませんが、どこかで落とし穴が待っている場合もあり得ます。

しっかりと言葉で現す

なにも言わずとも「好き」という気持ちを伝えることは、可能な部分も多くあるかもしれません。
ですが、言葉に出して伝えてもらうことは、例えわかっていることだとしても嬉しいはずです。
繰り返しになりますが行動も大事な愛情表現のひとつですが、言葉も同じように大事な愛情表現です。
どこかで行動を疑ってしまうような場面があったとしても言葉があれば救われるということもありますし、
今まで言葉で表現はあまりしなかった人にとっては勇気がいることではありますが、
取り返しのつかないことになってしまってからでは仕方がありません。
相手が表現していないのに自分だけと思わないで言葉で表現をしていけば、きっと相手も同じように言葉で表現してくれるはずです。
自分の気持ちを素直に表現しましょう。
最初は恥ずかしかったら、メールや電話で始めてみるのもいいかもしれません。

それと同じように、「いつもありがとう」というような日頃の感謝の気持ちも言葉に出したほうがいいです。
また男性であったら女性に対して「綺麗だよ」という言葉、女性が男性に対して「かっこいい」などのような言葉も大切です。

出会ったばかりで、メールなら比較的手軽にすぐにでも出来るかもしれませんが、電話となると勇気を必要とします。
そこで、考えてしまうのが相手に伝える「用件」です。
特別、気になっている人であれば特に用件を考えるでしょう。
どういった用件なら好意を伝えることがでしょうか、また相手に伝えやすいでしょうか。

声が聞きたい

「○日の待ち合わせ時間で電話したんだけど。」という連絡をしたとして、
いきなり電話をして、用件を作り出したものを伝えたとしても、
用件が済み次第、電話が終わってしまうかもしれません。
相手から他の話を振ってもらえればいいのですが、
相手任せにしてしまっても、どういった展開になるかわかりません。
思い切って、「声が聞きたくて電話したんだ。」と伝えるのもいいかと思います。
この言葉があるだけで用件が、即座に終わってしまうことはありません。
これだけでも相手に好意に気がつかせることができます。
また、それが難しいのであれば「こないだは、ありがとう。」といった内容からでもいいかもしれません。
ある程度、用件は漠然としているほうが、しっかりと話すことが出来るかもしれません。
また、「○日の待ち合わせ時間で電話したんだけど。」という内容もあるとしたら、
そのなかで話していくといいでしょう。

本気で別れたい人がいて、別れを切り出すのが難しいという場合には、
どういった形で別れの形を取るのがいいでしょうか。
会って言う、電話やメールで言う、などがありますが、
どういう形が、しっかりと別れることができるでしょうか。

状況による選択

直接会って別れを切り出すというのは、相手と実際に会って傷つけてしまう場面を目の当たりにしますから、
「やり直さない?」
という言葉に心が揺らいでしまうこともあります。
もちろん、それで幸せになれるのであれば、それにこしたことはありません。
ただ、他に好きな人が既にいたり、感情が既になくなってしまっているのにも関わらず付き合いだけを長引かせても結局は同じ結果に戻ってくる場合が多くあります。

どういう形での別れの切り出し方が理想でしょうか。
もしも時間をかけていいのであれば”少しずつ連絡を取らなくしていく”ということです。
少しずつ連絡を取らなくしていくことによって、相手にも少しずつ心の準備ができてきます。
心の準備ができた頃に電話・メールで伝えるというのがいいかもしれません。
すぐに別れを切り出したい場合にも、できる限り会っている時ではなく電話・メールで伝えるほうがいいかもしれません。
ただし、上記は相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先したい場合です。
相手の気持ちを優先したい場合には直接会って話すようにしましょう。

ただ、直接伝えるにしても電話・メールで伝えるにしても綺麗に別れるかどうかは、わかりません。
喧嘩別れになってしまったり、恨んだり、恨まれたりのないような行動をしていきましょう。

告白する相手へ気持ちを伝えるのは、勇気がいることですが、
どのように伝えるのがいいのでしょうか。
「好きです」
というシンプルな言葉で伝えるのもいいのですが、
できれば、相手へ効果的な告白がしたいものです。
他も読む »

自分が好かれているとわかると、その相手を無視できないものです。
好意の互恵性が働き、自分を好いている人が気になり、次第にその人を好きになっていくという場合があります。
逆に自分のことが嫌いだとわかると、その人のことを嫌いになることが多くあります。

好意、嫌悪感は相互にバランスをとる

人間関係には、互恵性が強く働くため、あらかじめ自分に対する相手の好き嫌いの情報が入っていると、その先行情報に沿って、相手の印象を形成する傾向があります。
好きな相手には、先に好意を伝えると後々良い結果になるのではないでしょうか。

初対面から面と向かって伝えたいことが全て言えれば、
それにこしたことはないのですが、全ての人が直球で相手に伝えられるわけではありません。
直接伝えにくいこともメールであれば伝えることも、できるからです。
「こう言われて嬉しかった」「幸せな時間だった」
というような言葉は、なかなか電話や直接は伝えられないものです。
そこをメールなら、ある程度の勇気は必要ではあるものの、
直接伝えるよりも思いを比較的伝えやすくなります。
直接、自分の声で伝えることは出来ないものの、
電話だと相手が都合の悪い時間に大切なことを伝えようとして頭に残っていない可能性も少なからずありますが、
その点はメールで伝える場合は、相手の都合のいい時間に読むことが出来ます。
他も読む »

 

このページの先頭へ