優しさ

デートの最中に恋人の機嫌が悪いときは、同じようにイライラしてしまったり、寂しい気持ちになってしまうことがあるかもしれません。
相手に八つ当たりをされているのではないか、嫌われてしまったのではないかと色々と考えすぎてしまうこともあるかもしれません。
こういった場合には、どういった行動、言動があるのがいいのでしょうか?

優しい気持ちで接する

人は生きている以上、色々なことがあります。
人間関係、仕事、様々なことが考えられますが、誰にでも気分が晴れない日があっても何も不思議ではありません。
出会ったばかりの頃はないのも裏返してみれば、イライラしているところを見せられることは親しいという証でもあります。
イライラしている相手に同じようにけんか腰で当たったら逆効果なのは言うまでもありません。
優しい気持ちで理由を聞いてみましょう。
怒っている相手に対して、同じように接すれば自然と同じ感情を繰り返して最悪の場合、喧嘩別れもあるかもしれません。
優しくしてくれた人に八つ当たりをしたら、最初は勢いで言ってしまうものの後から罪悪感が芽生えて素直に接してくれるかもしれません。
優しい気持ちで接して相手のイライラした気持ちをクールダウンさせることを意識してみましょう。
もしかしたら、貴方自身のことが原因でイライラしている場合も考えられます。
自分が原因だとしたら、事情を説明したり、素直に謝罪する気持ちも大切です。

脈がないからといって、気持ちをアピールすることを辞めてしまうことは、
可能性を自ら潰してしまうことになりかねません。
なぜなら、好意を示されて悪い気持ちになる人はあまりいないからです。
もちろん、過度に追いかけ回す形になってしまえば迷惑になるかもしれませんが、
常識的な範囲内であれば問題はないはずです。
日頃から消極的だと感じる方の場合は、常識的な範囲内も自ら判断するのも友人などに判断してもらったほうがいいかもしれません。

さりげない行動

好意を示すことは可能性を広げることになります。
しかし、口で伝える勇気がないという方もいらっしゃるかと思います。
そういった場合には、さりげない行動で示すのもひとつの方法です。
行動で示すというのは、例えば何かを手助けするというのもいいかもしれません。
もちろん、誰にでもやっていることではなく特別気を配ることです。
そして、もし好意を抱かれるような展開になったとしたら、
照れずに好意を抱かれて嬉しいと言うことを相手にわかるようにしましょう。
照れて素っ気なくしたばかりに、せっかく訪れたチャンスを逃してしまうことになりかねません。

 

このページの先頭へ