別れ

はじめに

せっかく出会ったのだから別れたいと思って付き合った人、結婚した人はいないと思います。
良い別れと悪い別れとはどういった別れでしょうか?
できることなら、別れたくないと思うものですが、
様々な理由で別々の道を歩むことも不思議ではありません。

別れた直後

別れた直後はその人のことを考えることが多くなってしまい、
目の前の学業や仕事などに集中ができずにいたり、
他の物事に興味が持てなくなってしまうということもあるかもしれません。
ですが、そうなったからといって悪い別れとは言えません。
むしろ、相手のことを思っていたわけですから、すごく自然なことです。
経験したことがある人はわかると思いますが、
自然とこういったことは忘れてしまっているものです。
しかし、別れてしまったことに対してなかなか気持ちが切り替えられず精神的な問題を抱えてしまうこともあります。

自分を攻撃しないこと

本人にしか、なかなかわからない部分でもあるのですが、
別れたばかりのうちは落ち込んだり、何をしても気持ちが乗らないのは仕方がないことだと考える必要があります。
上に挙げたように別れた直後に目の前のことに集中できないというのは不思議なことではありません。
それよりも、いつまでも引きずり続けて身体や心を壊してしまわないように気をつけるようにしましょう。
忘れていくためにはまず、「失ったことを受け入れること」が大切だと言われます。
簡単なことではないことは承知ですが、目の前にいなくなってしまったことに早めに慣れるようにし、自分を攻撃しないことです。
もちろん、別れた原因は自分にもあるかもしれません。
だからといって自分を責めてばかりいても始まりません。
どうすれば、自分を攻撃するよりも改善できるか考えたほうが次に繋がります。

おわりに

別れた理由は自分から切り出したという場合には問題ないのですが、
切り出された側からすると直さないといけないと思いがちです。
確かに直さないといけないこともあるかもしれません。
ですが、個人の特性(身体・性格)の場合は改善できないこともあります。
そういう場合には「自分と合わなかっただけ」と割切ることも大切です。

Title Photo by xiu×5

本気で別れたい人がいて、別れを切り出すのが難しいという場合には、
どういった形で別れの形を取るのがいいでしょうか。
会って言う、電話やメールで言う、などがありますが、
どういう形が、しっかりと別れることができるでしょうか。

状況による選択

直接会って別れを切り出すというのは、相手と実際に会って傷つけてしまう場面を目の当たりにしますから、
「やり直さない?」
という言葉に心が揺らいでしまうこともあります。
もちろん、それで幸せになれるのであれば、それにこしたことはありません。
ただ、他に好きな人が既にいたり、感情が既になくなってしまっているのにも関わらず付き合いだけを長引かせても結局は同じ結果に戻ってくる場合が多くあります。

どういう形での別れの切り出し方が理想でしょうか。
もしも時間をかけていいのであれば”少しずつ連絡を取らなくしていく”ということです。
少しずつ連絡を取らなくしていくことによって、相手にも少しずつ心の準備ができてきます。
心の準備ができた頃に電話・メールで伝えるというのがいいかもしれません。
すぐに別れを切り出したい場合にも、できる限り会っている時ではなく電話・メールで伝えるほうがいいかもしれません。
ただし、上記は相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先したい場合です。
相手の気持ちを優先したい場合には直接会って話すようにしましょう。

ただ、直接伝えるにしても電話・メールで伝えるにしても綺麗に別れるかどうかは、わかりません。
喧嘩別れになってしまったり、恨んだり、恨まれたりのないような行動をしていきましょう。

 

このページの先頭へ