友人

友人関係が長く、密かに気持ちを寄せている人がいる場合は、なかなか恋愛に発展する機会が作りにくいかもしれません。
互いの関係のなかで恋愛に持っていくきっかけがなかなか見つからないかもしれません。
また、友人関係が長ければ長いほど恋へ発展させるには勇気も必要ですね。
そういった場合を打開するにはどうすればいいでしょうか。

合コンできっかけを作る

友人関係が長いからこそ、恋愛に発展させにくいというデメリットもあるかもしれませんが、それとは逆に友人関係が長いメリットもあります。
長く続けていられるのであれば、信頼関係がある程度できている可能性が高いです。
信頼関係は1日や2日、1ヶ月や2ヶ月ではなかなかできるものではありません。
互いの友人同士で会わせたい人がいるのであれば合コンなどを開いてみるのも1つの方法です。
合コンを主催している幹事同士は結ばれやすい傾向にあります。
また、普段では友人としか見えていなかった関係も異性の信頼できる友人から異性として見えるようにもなりやすいので、恋愛にも発展するかもしれません。
ただし、友人同士を合わせるわけですから、そちらへの配慮も忘れないように気をつけましょう。

友人関係を超えるために

上記に記述したような合コンを開くことができない場合もあります。
「紹介したい友人がいない。」「相手側が出会いに困っていない。」
という場合もあるかもしれません。
だからといって、ここで諦める必要もありません。
口実がある分、合コンは楽にできる部分がありますが、普通に終わってしまう場合もあります。
だからといって、長い間友人として過ごしてきた時間がありますから告白するのも、とても勇気がいるものです。
そこで、少し合コンを開くよりは勇気を必要としますが、一歩踏み込む方法の一例を紹介していこうと思います。
「僕(私)たちが付き合ったら上手くいくのかな?」
ということを振ってみて、好意があることを、ちらつかせてみるのもいいかもしれません。
それが難しいのであれば、「○○(友人や知り合い)が僕(私)たちは、お似合いって言っていたよ。」というところから初めてもいいかもしれません。
ただ、この場合のほうが好意に気がついてもらえないかもしれません。

友人や知人に「恋人はどういう人?」と聞かれたときに、どういったことを話すでしょうか?
もちろん、恋人でなくてもいいのですが他には気になる異性でも構いません。
こういった状況のときに、恋人の外見的なところを答えている場合は、もしかしたら相手のことをそれほど理解していないのかもしれません。

内面と外面との大きな違い

もちろん、外面的なことが間違えているわけではありません。
ですが、外面的なことを理解するのに他の人から見ても、大体のことはそれほど時間を必要としません。
日頃から恋人のことを外面的な部分で話しているとしたら、少し注意してみる必要があるかもしれません。
内面的な部分は外面的な部分よりもインパクトが強いので、深い部分まで知っておいたほうが良い付き合いを長くすることができるかもしれません。
それに内面を知って深い付き合いをしていれば、他の人のところに恋人が行ってしまうことも少なくなります。

 

このページの先頭へ