告白

一目惚れなどから、勇気を出して告白したものの「友達でいよう」「今まで通り友人でいましょう」という答えが返ってきて諦めてしまうということは多いかもしれません。
ですが、特に一目惚れから短期間で告白をした場合、その告白が本気で言っているのか相手にとってもわかりません。
こちら側からは一目惚れで急加速した恋だとしても、相手にとっては後から来る恋になるかもしれません。
せっかくの恋を諦めたくないというのであれば、しつこくしすぎずに恋の成熟を待つのも1つの方法かもしれません。

チャンスを作り出す

アピールが足りなかったとしたら、ある程度の期間をかけて友人として自分をアピールしていくことも大切です。
また、いつまでも友人の関係では満足もいかないという場合も多いでしょうから、一定の時期で勝負をかけるときも必要です。
「1回だけでいいから…」という理由でデートに誘ってみるのもいいかもしれません。
ある程度の時間を友人として過ごすことができたなら、1回のチャンスでどこまでアピールできるかが勝負です。
そういった場合でもアピールすることばかりに気を取られずに相手を主体とした会話も意識するようにしてみてはいかがでしょうか。

「好き」という表現は、とても嬉しいものです。
言ってくれた相手と付き合っていたり、好意のある人からであれば嫌だという人は限りなく少ないはずです。
ですが、あまりにも多すぎるのも問題です。
言われて嬉しい言葉なのにも関わらず続けて同じ言葉を言われるのは、あまり良い結果に結びつかないかもしれません。
例え、本当に思っていることを正直に伝えているのにも関わらず、また言われて嬉しい言葉なのに、なぜ続けて言われるのは嫌なのでしょうか。

真剣さを伝える

同じ言葉を続けて言われるということは、「誰にでも同じことを言っているのではないか?」という不安を煽ることになります。
言葉があまりにも多すぎるばかりに、日頃からの行動やしぐさとのバランスが悪くなってしまうと冗談で言っているように聞こえてしまうかもしれません。
だけど、気持ちを伝えるでも書いたのですが思っていることを伝えることは、とても大切なことです。
言わないで伝わるはずもありません。
そういった場合にも考えすぎる必要もありません。
ただ、「真剣さ」を伝えればいいだけです。
相手の目を言いながら言うのも真剣さを伝えることの1つです。
また、男性なら綺麗な夜景を見ながら少しくらいキザに伝えるのもいいかもしれません。

告白は勇気を必要とします。「振られたらどうしよう」「他の好きな人がいたら…」などなど…様々な戦いがあります。
どうすれば、告白する勇気を持つことが出来るのでしょうか?

小さいことでも自信が大切

告白をするのが怖いということは、裏を返せば自信がないということにも繋がります。
どうしてもという相手がいるのであれば、まずは自分自身に自信をつけることが大切です。
自信の源はなにも恋愛でないといけないというわけではありません。
小さなことでもなんでも、いいので目標を立てて達成することが出来れば告白の成功率もあがるはずです。
小さなことでも、なんでも「達成した」「やり遂げた」という成功体験から自信をもつことができるので、相手からも堂々と告白をしているように見えるかもしれません。
傷つかないでいるよりも、傷つくことを覚悟の上で告白をしてくれるほうが相手にとっても嬉しいはずです。
初めての告白の場合は、殆どの人が告白をすることは怖いはずです。
また全ての人が告白が出来るわけではありません。
そこで、たとえ結果が駄目だったとしても、「告白をした」という自信が後に生きてくるはずです。

告白する相手へ気持ちを伝えるのは、勇気がいることですが、
どのように伝えるのがいいのでしょうか。
「好きです」
というシンプルな言葉で伝えるのもいいのですが、
できれば、相手へ効果的な告白がしたいものです。
他も読む »

初対面から面と向かって伝えたいことが全て言えれば、
それにこしたことはないのですが、全ての人が直球で相手に伝えられるわけではありません。
直接伝えにくいこともメールであれば伝えることも、できるからです。
「こう言われて嬉しかった」「幸せな時間だった」
というような言葉は、なかなか電話や直接は伝えられないものです。
そこをメールなら、ある程度の勇気は必要ではあるものの、
直接伝えるよりも思いを比較的伝えやすくなります。
直接、自分の声で伝えることは出来ないものの、
電話だと相手が都合の悪い時間に大切なことを伝えようとして頭に残っていない可能性も少なからずありますが、
その点はメールで伝える場合は、相手の都合のいい時間に読むことが出来ます。
他も読む »

 

このページの先頭へ