喧嘩

デートの最中に恋人の機嫌が悪いときは、同じようにイライラしてしまったり、寂しい気持ちになってしまうことがあるかもしれません。
相手に八つ当たりをされているのではないか、嫌われてしまったのではないかと色々と考えすぎてしまうこともあるかもしれません。
こういった場合には、どういった行動、言動があるのがいいのでしょうか?

優しい気持ちで接する

人は生きている以上、色々なことがあります。
人間関係、仕事、様々なことが考えられますが、誰にでも気分が晴れない日があっても何も不思議ではありません。
出会ったばかりの頃はないのも裏返してみれば、イライラしているところを見せられることは親しいという証でもあります。
イライラしている相手に同じようにけんか腰で当たったら逆効果なのは言うまでもありません。
優しい気持ちで理由を聞いてみましょう。
怒っている相手に対して、同じように接すれば自然と同じ感情を繰り返して最悪の場合、喧嘩別れもあるかもしれません。
優しくしてくれた人に八つ当たりをしたら、最初は勢いで言ってしまうものの後から罪悪感が芽生えて素直に接してくれるかもしれません。
優しい気持ちで接して相手のイライラした気持ちをクールダウンさせることを意識してみましょう。
もしかしたら、貴方自身のことが原因でイライラしている場合も考えられます。
自分が原因だとしたら、事情を説明したり、素直に謝罪する気持ちも大切です。

ある程度の段階になると恋人同士は喧嘩になることがよくあります。
喧嘩になること自体、嬉しいと感じる人はなかなかいないかもしれませんが、
こういった喧嘩はなぜ起こるのでしょうか。
まず、初期の段階で喧嘩が起こりやすいと言われます。
これは、相手への感心があるからこそ起こるものです。
次に関係が深まっていったときに起こりやすい傾向があります。
相手への強い関心、気を許しているからこそ、喧嘩が起こりやすいものです。
だからといって、喧嘩をしていて楽しいことでもないし、放っておいてもいいものでもありません。

素直な気持ちを持つ

ある程度の関係が進んできて喧嘩が起こるというのは悪いことではないのですが、
その後のことに気を配る必要があります。
特に大事なのが素直に謝るという気持ちが大切です。
喧嘩しているときは、ヒートアップしてしまっていて、考えることが難しいかもしれませんが、
少し落ち着いたら自分から謝るということが大切です。
相手から言ってくれるのを待っているというのは、最悪の場合はそのまま喧嘩別れということもあるかもしれません。
せっかくそこまで築くことができた関係ですから、小さなトラブルで関係が終わらないようにしましょう。
また、繰り返しの喧嘩が嫌であれば、相手がムキになっていたとしても、同じようにムキにならないことも大切です。

 

このページの先頭へ