嫉妬

一般的に、男性の場合は恋人が浮気相手と性的な関係をもっていることに対して嫉妬心を抱きます。
女性の場合は恋人が別の人に強く心を惹かれ互いに信頼し秘密を共有していることを知った時にひどく嫉妬の感情が湧き出てきます。
ここでは様々な感情が浮気をされるとありますが、深層の一部を紹介していこうと思います。

男女の嫉妬の深層

男性の場合、自分のパートナーの女性が一度でも他の男性と肉体関係を持てば、その男性の子供を宿す可能性があります。
これが、男性が女性の性的な浮気を一度たりとも許せない深層の心理的理由です。
逆に女性は、たとえパートナーが浮気をしたとしても、一度や二度の遊びなら許す可能性があります。
しかし、パートナーが相手の女性に心を奪われてしまったとなれば話は別です。
それは、結婚生活という基盤を失ってしまう危険性があるからです。
もちろん、人によって異なる部分はあるのですが女性にとっては、愛のない肉体的淫気なら許せても、他の女性を本気で愛してしまうことは決して許せない傾向があります。

妻や恋人に、仕事関係等の女性との仲を怪まれたりと、よく疑われるという男性も多いと思います。
女性は、男女が2人だけで一緒にいるところを見ると恋愛関係や性的な関係があると思い込みがちなのでしょうか。

嫉妬深いのは男性?女性?

実際の所、嫉妬深く、男女の関係を性的に促えやすいのは男性の方が多い傾向があります。
嫉妬した女性というのは愛情関係に集中し、関係を回復しようとする傾向が見られます。
一方男性は、関係から感情的に離れようとし、妻や恋人との関係を絶つことにより、自分への自尊心を守ろうとする傾向が見られます。
そして、自分の恋人や妻が魅力的な男性と親しげに会話している所を見た場合、2人の関係を性的なものとして促えがちな傾向が見られます。

嫉妬という言葉は、とても恥ずかしい行為と思いがちです。
また、「嫉妬」という言葉自体にあまり良いイメージを持たない人も多いかもしれません。
相手にもマイナスの影響を与えますし、嫉妬した側としても苦しい状況です。
いっそのこと、嫉妬なんて感情なんてものがなければいいのに、と思ってしまいがちです。
しかし、嫉妬という感情がなくなれば恋愛において、二人の関係もうまくいくのでしょうか?

恋愛関係において、嫉妬はつきもの

好意と恋愛の違いの研究で、恋愛は排他性、独占性が強いとされています。
これらを犯そうとする人がいれば、強い嫉妬心をもつことになります。
しかし、愛と嫉妬は表裏一体で、嫉妬心の強いカップルのほうが結婚する確率が高くなります。
嫉妬は、相手にマイナスの影響を与えることが多いですが、もし嫉妬という感情がなければ、ライバルによる横恋慕をやすやすと許してしまい、恋愛関係の継続が困難になります。
もし恋人に嫉妬しなくなったら、それが愛情消失のサインともいえるでしょう。
元々嫉妬をしない人と、嫉妬があった人とは条件が違ってきますが…。
嫉妬というのは、相手を愛してるからこそ湧き出てくる感情です。

 

このページの先頭へ