愛情

出会ったばかりのときは、いろいろなところに遊びに行っていたのに、
付き合いが長くなってきたり、結婚生活が長くなってくると別々のことを互いにしているということも珍しくありません。
良い方向に捉えられないこともあるのですが、果たしてそれほど悪いことなのでしょうか?

沈黙で深まる関係

出会ったばかりの時期は、デートをする、スポーツをするなどの他のやることが会う目的ということが多いですが、
長い関係になってくると、これらの目的を毎回していても行くべきところもなくなってきますし、
男性はいつも格好いいところを、女性はいつも可愛らしいところを見せているわけにもいかなくなってきます。
そこで、徐々に一緒にいるということが目的になってきます。
別々のことをしているということは、お互いに会話をしない時間も増えてきますが、
これは2人の仲が深くなってきている証拠でもあります。
こういった状況は悪いことばかりでもなく、関係が深まっているとも言えます。

ここでは、恋人という名がついている関係なのにも関わらず、相手からの反応が悪いという男性の方への助けになれればと思います。
普段から女性へのサービスはしているものの、そっぽを向かれてしまったり、思っている展開とは違うということもあるかもしれません。
どうして、そのような状況になってしまうのでしょうか?

恋愛感情と距離

この場合ですと、悪い部分が特に見られている状態にあるかもしれません。
こういった場合には、男性の方から感心を抱き、近づいている状態だと女性は欠点がクローズアップされて少し遠ざかりたいと思っている可能性があります。
近くにいれば、人間の心理的に悪い部分が目につきます。
それならば離れすぎてしまわない程度に距離を置くのも1つの方法です。
ある程度離れた位置から見ていると長所が見えるようになります。
ただし、このタイミングは少し難易度が高いようにも思います。
あまり、愛情や大切さを実感していない段階で離れてしまいますと、そのまま今まで気づいた愛情が終わってしまうということも考えられなくはありません。
状況をみながら、距離をとっていきましょう。

妻や恋人に、仕事関係等の女性との仲を怪まれたりと、よく疑われるという男性も多いと思います。
女性は、男女が2人だけで一緒にいるところを見ると恋愛関係や性的な関係があると思い込みがちなのでしょうか。

嫉妬深いのは男性?女性?

実際の所、嫉妬深く、男女の関係を性的に促えやすいのは男性の方が多い傾向があります。
嫉妬した女性というのは愛情関係に集中し、関係を回復しようとする傾向が見られます。
一方男性は、関係から感情的に離れようとし、妻や恋人との関係を絶つことにより、自分への自尊心を守ろうとする傾向が見られます。
そして、自分の恋人や妻が魅力的な男性と親しげに会話している所を見た場合、2人の関係を性的なものとして促えがちな傾向が見られます。

嫉妬という言葉は、とても恥ずかしい行為と思いがちです。
また、「嫉妬」という言葉自体にあまり良いイメージを持たない人も多いかもしれません。
相手にもマイナスの影響を与えますし、嫉妬した側としても苦しい状況です。
いっそのこと、嫉妬なんて感情なんてものがなければいいのに、と思ってしまいがちです。
しかし、嫉妬という感情がなくなれば恋愛において、二人の関係もうまくいくのでしょうか?

恋愛関係において、嫉妬はつきもの

好意と恋愛の違いの研究で、恋愛は排他性、独占性が強いとされています。
これらを犯そうとする人がいれば、強い嫉妬心をもつことになります。
しかし、愛と嫉妬は表裏一体で、嫉妬心の強いカップルのほうが結婚する確率が高くなります。
嫉妬は、相手にマイナスの影響を与えることが多いですが、もし嫉妬という感情がなければ、ライバルによる横恋慕をやすやすと許してしまい、恋愛関係の継続が困難になります。
もし恋人に嫉妬しなくなったら、それが愛情消失のサインともいえるでしょう。
元々嫉妬をしない人と、嫉妬があった人とは条件が違ってきますが…。
嫉妬というのは、相手を愛してるからこそ湧き出てくる感情です。

好きな相手には、なにかと尽くしたいと思う人は多いかもしれません。
その尽くすことによって、相手もきっと同じように自分を愛してくれると願って。
実際の所、本当に尽くせば尽くすほど愛は返ってくるのでしょうか?

公平感があるほうが恋は長続きする

愛する人に献身的に尽くすことは、相手からも愛されることを願う心理が大きいものです。
自分だけ相手に尽くすというのはどこか公平ではない感じがします。
しかし、片方があまりに尽くしすぎる愛は、破局を迎える可能性が高いのです。
要は、尽くしすぎても好意は生まれないし、関係もうまくはいかないのです。
さらに相手から恩恵を受けていない、あるいは受けすぎていると感じている場合、性的行動を避ける傾向がみられます。
自分ばかりが愛しても構わないと思っている方は、少しでも可能な限りバランスを意識してみてください。
恋愛は2人の心理的関係のバランスが取れていないと、長続きしないのです。

 

このページの先頭へ