表現

心を開いてからの注意
恋人になんでも言いたいことが言える関係、お互いの意見を交換できるというのは素晴らしいことですね。
お互いが言いたいことを言えるようになるというのは、すぐにできるようになるものではありません。
心を開いていないと出来ないことです。
ただ、心を開いているからといって、なんでも言いたいことを伝えるというのもよくありません。
他も読む »

恋人に喜んでもらえそうなことを思いついて、実際に行動に移すことをためらってしまうこともあるかもしれません。
そういう場合にあるケースに「喜んでくれなかったらどうしよう」と思うことがあるかもしれません。
では、別の機会にするのがいいのか、または誰かに相談するべきでしょうか?

行動が大事

まずなにをするかよりも、行動を起こすことが一番素敵なことです。
例え、プレゼントをあげたとして気に入る物でなかったとしても、行動に起こしたことが相手にとって嬉しいというケースも沢山あります。
万が一、気持ちすら伝わらず一見すると無意味に思えるようなことでも、あとあと気持ちが伝わるかもしれませんし、
行動に起こすことができたので、自信にも繋がるかもしれません。
気持ちを伝えることができることは、とても素晴らしいことです。

ある程度の段階になると恋人同士は喧嘩になることがよくあります。
喧嘩になること自体、嬉しいと感じる人はなかなかいないかもしれませんが、
こういった喧嘩はなぜ起こるのでしょうか。
まず、初期の段階で喧嘩が起こりやすいと言われます。
これは、相手への感心があるからこそ起こるものです。
次に関係が深まっていったときに起こりやすい傾向があります。
相手への強い関心、気を許しているからこそ、喧嘩が起こりやすいものです。
だからといって、喧嘩をしていて楽しいことでもないし、放っておいてもいいものでもありません。

素直な気持ちを持つ

ある程度の関係が進んできて喧嘩が起こるというのは悪いことではないのですが、
その後のことに気を配る必要があります。
特に大事なのが素直に謝るという気持ちが大切です。
喧嘩しているときは、ヒートアップしてしまっていて、考えることが難しいかもしれませんが、
少し落ち着いたら自分から謝るということが大切です。
相手から言ってくれるのを待っているというのは、最悪の場合はそのまま喧嘩別れということもあるかもしれません。
せっかくそこまで築くことができた関係ですから、小さなトラブルで関係が終わらないようにしましょう。
また、繰り返しの喧嘩が嫌であれば、相手がムキになっていたとしても、同じようにムキにならないことも大切です。

「好き」という表現は、とても嬉しいものです。
言ってくれた相手と付き合っていたり、好意のある人からであれば嫌だという人は限りなく少ないはずです。
ですが、あまりにも多すぎるのも問題です。
言われて嬉しい言葉なのにも関わらず続けて同じ言葉を言われるのは、あまり良い結果に結びつかないかもしれません。
例え、本当に思っていることを正直に伝えているのにも関わらず、また言われて嬉しい言葉なのに、なぜ続けて言われるのは嫌なのでしょうか。

真剣さを伝える

同じ言葉を続けて言われるということは、「誰にでも同じことを言っているのではないか?」という不安を煽ることになります。
言葉があまりにも多すぎるばかりに、日頃からの行動やしぐさとのバランスが悪くなってしまうと冗談で言っているように聞こえてしまうかもしれません。
だけど、気持ちを伝えるでも書いたのですが思っていることを伝えることは、とても大切なことです。
言わないで伝わるはずもありません。
そういった場合にも考えすぎる必要もありません。
ただ、「真剣さ」を伝えればいいだけです。
相手の目を言いながら言うのも真剣さを伝えることの1つです。
また、男性なら綺麗な夜景を見ながら少しくらいキザに伝えるのもいいかもしれません。

ここでは、恋人という名がついている関係なのにも関わらず、相手からの反応が悪いという男性の方への助けになれればと思います。
普段から女性へのサービスはしているものの、そっぽを向かれてしまったり、思っている展開とは違うということもあるかもしれません。
どうして、そのような状況になってしまうのでしょうか?

恋愛感情と距離

この場合ですと、悪い部分が特に見られている状態にあるかもしれません。
こういった場合には、男性の方から感心を抱き、近づいている状態だと女性は欠点がクローズアップされて少し遠ざかりたいと思っている可能性があります。
近くにいれば、人間の心理的に悪い部分が目につきます。
それならば離れすぎてしまわない程度に距離を置くのも1つの方法です。
ある程度離れた位置から見ていると長所が見えるようになります。
ただし、このタイミングは少し難易度が高いようにも思います。
あまり、愛情や大切さを実感していない段階で離れてしまいますと、そのまま今まで気づいた愛情が終わってしまうということも考えられなくはありません。
状況をみながら、距離をとっていきましょう。

 

このページの先頭へ